今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラム

Windows10 - Bluetoothのオプション設定

スポンサーリンク

Windows10 のBluetoothのオプション設定をみていきます。

Bluetoothのオプション設定では

タスクバーの通知領域にBluetoothアイコンを表示/非表示にしたり、デバイス検出時の警告などを設定することができます。

Bluetoothのオプション設定

それではBluetoothのオプション設定をみていきます。

スポンサーリンク

windows-10-bluetooth-option-01
スタートメニューの「設定」をクリックします。

windows-10-bluetooth-option-02
設定です。「デバイス」をクリックしましょう。

windows-10-bluetooth-option-03
左メニューの「Bluetooth」をクリックし

windows-10-bluetooth-option-04
表示される「Bluetoothデバイスの管理」の下の方にある「その他の Bluetooth オプション」をクリックしましょう。

windows-10-bluetooth-option-05
すると、「Bluetooth設定」ウィンドウが表示され

windows-10-bluetooth-option-06
3つの項目の設定を行うことができます。

  • オプション
  • COM ポート
  • ハードウェア

ひとつずつみてみましょう。

オプション

windows-10-bluetooth-option-07
オプションです。次の項目を設定することができます。

  • 検出
    Bluetoothデバイスによるこの PC の検出を許可する
    (Bluetooth デバイスにこのPCの名前が表示されます。)
  • 通知
    新規の Bluetoothデバイスによる、接続試行時には警告する
  • Bluetoothアイコンを通知領域に表示する

COM ポート

windows-10-bluetooth-option-08
COMポートです。

COMポート使用状況を確認することができます。BluetoothデバイスにCOMポートが必要かどうかは、デバイスによって異なります。デバイスの取扱説明書を確認しましょう。

ハードウェア

windows-10-bluetooth-option-09
ハードウェアです。

Bluetoothデバイスのプロパティ(製造元や状態)を確認することができます。

スポンサーリンク

関連記事と広告