Windows10 - ドライブの書き込みキャッシュを有効にする方法

Windows10 のディスクドライブの書き込みキャッシュを有効にする方法を紹介します。

ドライブの書き込みキャッシュを有効にすると、ファイルの書き込みが高速化され、システムの処理能力が向上します。

ただし、停電や機器の障害によりデータの損失や破損が発生する場合があるようです。

ドライブの書き込みキャッシュを有効に

それでは実際に設定してみましょう。

windows-10-disk-write-caching-enable-01
スタートボタンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

windows-10-disk-write-caching-enable-02
コンテキストメニューが表示されるので、その中から「デバイスマネージャー」をクリックします。

windows-10-disk-write-caching-enable-03
デバイスマネージャーです。

windows-10-disk-write-caching-enable-04
「ディスクドライブ」をダブルクリックします。

windows-10-disk-write-caching-enable-05
表示されるドライブをダブルクリックします。

windows-10-disk-write-caching-enable-06
すると、ドライブのプロパティが表示されるので

スポンサーリンク

windows-10-disk-write-caching-enable-07
上部タブメニューの「ポリシー」をクリックしましょう。

windows-10-disk-write-caching-enable-08
書き込みキャッシュポリシーです。

windows-10-disk-write-caching-enable-09
「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」にチェックを入れましょう。

これで書き込みキャッシュは有効になります。

有効にすると、停電や機器の障害により、データの損失や破損が発生する場合があります。

windows-10-disk-write-caching-enable-10
「デバイスで Windows による書き込みキャッシュバッファーのフラッシュをオフにする」にチェックを入れることで処理能力はさらに向上します。

データの損失を避けるため、デバイスに別の電源を使用して、停電の際にデバイスのバッファーをフラッシュできる状態でない限り、このチェックボックスをオンにしないでください。

とのことなので、この設定を「オン」にする場合は必ず「UPS(Uninterruptible Power Supply、無停電電源装置)」を設置しましょう。

家庭用の安価な UPS もあるので、停電や雷対策として用意しておくのもいいかもしれませんね。

ハードウェア関連の人気記事

  1. Windows10 - 回復パーティションの削除(DiskPart)
  2. Windows10 - ストレージ(ディスク)容量と用途を確認
  3. Windows10 - 高速スタートアップを有効/無効に
  4. Windows10 - マウスの設定 - 主ボタン・スクロール速度・ポインター
  5. Windows10 - ディスクのクリーンアップ - 不要ファイルの削除
  6. Windows10 - BitLocker を無効に - ディスクの暗号化を解除
  7. Windows10 - ドライブのデフラグ(ディスクの最適化)
  8. Windows10 - マウス使用時にタッチパッドを無効に
  9. Windows10 - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーを接続する方法
  10. Windows10 - 一時ファイルを削除する方法
  11. Windows10 - MBRディスク ⇔ GPTディスクに変換(変更)
  12. Windows10 - キーボードで絵文字・顔文字を入力する
  13. Windows10 - 追加したハードディスクの初期化(フォーマット)
  14. Windows10 - ディスプレイの明るさ - 自動輝度調整のオン/オフ
  15. Windows10 - Bluetooth の設定(オン/オフ)

関連記事(一部広告含む)