今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラム

Windows10 - ドライブの書き込みキャッシュを有効にする方法

スポンサーリンク

Windows10 のディスクドライブの書き込みキャッシュを有効にする方法を紹介します。

ドライブの書き込みキャッシュを有効にすると、ファイルの書き込みが高速化され、システムの処理能力が向上します。

ただし、停電や機器の障害によりデータの損失や破損が発生する場合があるようです。

ドライブの書き込みキャッシュを有効に

それでは実際に設定してみましょう。

スポンサーリンク

windows-10-disk-write-caching-enable-01
デスクトップの左下「Windowsロゴ」にマウスカーソルをもっていき

右クリックすると

windows-10-disk-write-caching-enable-02
コンテキストメニューが表示されるので、その中から「デバイスマネージャー」をクリックします。

windows-10-disk-write-caching-enable-03
デバイスマネージャーです。

windows-10-disk-write-caching-enable-04
「ディスクドライブ」をダブルクリックします。

windows-10-disk-write-caching-enable-05
表示されるドライブをダブルクリックします。

windows-10-disk-write-caching-enable-06
すると、ドライブのプロパティが表示されるので

windows-10-disk-write-caching-enable-07
上部タブメニューの「ポリシー」をクリックしましょう。

windows-10-disk-write-caching-enable-08
書き込みキャッシュポリシーです。

windows-10-disk-write-caching-enable-09
「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」にチェックを入れましょう。

これで書き込みキャッシュは有効になります。

有効にすると、停電や機器の障害により、データの損失や破損が発生する場合があります。

windows-10-disk-write-caching-enable-10
「デバイスで Windows による書き込みキャッシュバッファーのフラッシュをオフにする」にチェックを入れることで処理能力はさらに向上します。

データの損失を避けるため、デバイスに別の電源を使用して、停電の際にデバイスのバッファーをフラッシュできる状態でない限り、このチェックボックスをオンにしないでください。

とのことなので、この設定を「オン」にする場合は必ず「UPS(Uninterruptible Power Supply、無停電電源装置)」を設置しましょう。

家庭用の安価な UPS もあるので、停電や雷対策として用意しておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事と広告