Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定

Windows10 で IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定方法を紹介します。

予測入力は、キーボードから何文字か入力した場合に変換候補を表示してくれるアレです。

例えば、「よそく」と入力すると「予測」「予測変換」「予測候補」などが変換の候補が表示されます。

予測候補には「入力履歴」や「クラウド候補」を使うこともできるので、合わせて設定方法をみていきます。

IMEの予測入力の使用と設定

それではIMEの入力履歴の使用と削除方法をみていきます。


タスクバーのフォームに


ime」と入力し


「日本語 IME の設定」をクリックしましょう。


Microsoft IME の設定です。「全般」をクリックしましょう。

スポンサーリンク


画面の下の方にある

予測入力
予測候補を表示するまでの文字数を選択する
予測候補を表示しない場合は、オフにすることができます。


デフォルトでは「1文字」になっていますが

  • オフ
  • 1文字
  • 2文字
  • 3文字
  • 4文字
  • 5文字

から選択しましょう。オフにすることもできます。


予測入力に使用する項目を設定できます。

  • 入力履歴の使用する
  • システム辞書を使用する
  • クラウド候補を使用する
    - クラウド候補
    - 日本の住所
    - りんな

好みに応じてオン/オフを設定しましょう!

IME関連の人気記事

  1. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  2. Windows10 - よく使う単語の追加(登録) - Microsoft IME
  3. Windows10 - 以前のバージョンの Microsoft IME を使う
  4. Windows10 - Microsoft IME 入力履歴の使用と削除
  5. Windows10 - デスクトップ言語バーを表示/非表示に - Microsoft IME
  6. Windows10 - IME「かな入力」を有効に(オン/オフ)
  7. Windows10 - IMEのプライベートモードを有効に(オン/オフ)
  8. Windows10 - Microsoft IME のキー設定を変更する
  9. Windows10 - IMEでの入力オートコレクトの設定
  10. Windows10 - Microsoft IME 辞書を修復する
  11. Windows10 - IME入力モード切替の画面中央の通知(オン/オフ)
  12. Windows10 - Microsoft IME の設定を既定値(デフォルト)に戻す
  13. Windows10 - IME のクラウド候補機能を使用
  14. Windows10 - Microsoft IME - 学習情報をファイルに保存・削除

関連記事(一部広告含む)