Windows8.1「エクスペリエンス インデックス」で性能スコアを測定

windows-8-1-get-experience-index-01

PCゲームや重たいアプリケーションを動かす場合のハードウェア性能のひとつの指標利用されている「Windows エクスペリエンス インデックス(WEI)」が、Windows8.1から利用できなくなりました。

しかし、WEIスコアを測定するコマンド(WinSAT.exe)は残されているので、コマンドラインからWEIスコアを測定することができます。

以下では、コマンドラインから「エクスペリエンス インデックス」の性能スコアを測定する方法を紹介します。

性能スコア測定 - WinSAT.exe

windows-8-1-get-experience-index-02
Windowsへサインインし、「コマンドプロンプト」を起動します。

WindSAT.exe コマンドを実行します。

C:\>c:\Windows\System32\WinSAT.exe formal

実行すると「Windows システム評価ツール」が起動し、WEIのスコア測定がはじまります。

Windows システム評価ツール
> 正式な評価を実行しています
> 実行中: 機能の列挙 ''
> 実行時間 00:00:00.00
> 実行中: WinSAT Direct3D 評価結果 '-aname DWM -time 10 -fbc 10 -disp off -normalw 1 -alphaw 2 -width 1280 -height 1024 -winwidth C(1144) -winheight C(915) -rendertotex 6 -rtdelta 3 -nolock'
> デスクトップ グラフィックスのパフォーマンスを評価中
… 略 …

WEIの測定結果は「C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore」ディレクトリにxml形式で保存されます。

windows-8-1-get-experience-index-03

「日時 Formal.Assessment(Recent).WinSAT.xml」ファイルをみてみましょう。

windows-8-1-get-experience-index-04
このようにXML形式でWEIスコアが算出されています。XML形式のスコアの見方は以下の通りです。

基本スコアSystemScore
メモリMemoreScore
プロセッサCpuScore
グラフィックスGraphicsScore
ゲーム用グラフィックスGamingScore
プライマリ ハードディスクDiskScore

windows-8-1-get-experience-index-05

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  5. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  6. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  7. コンピューター名の確認 - Windows8
  8. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  9. Windows8 が使用する最大メモリを設定(制限)
  10. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  11. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  12. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  13. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  14. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  15. 日付と時刻 NTPサーバーの同期間隔の変更 - Windows8

関連記事(一部広告含む)