Windows8 - タスクマネージャー - プロセスの優先度を変更

Windows8のタスクマネージャーを使って、プロセスの優先度を変更する方法を紹介します。

プロセスの優先度を変更すると、システムのリソースをそのプロセスが優先的に利用するようになります。大切な処理などを実行する場合にプロセスの優先度を変更してみましょう。

タスクマネージャー - プロセスの優先度を変更

それではプロセスの優先度を変更してみましょう。

win8-task-manager-process-priority-01
デスクトップの下のほうにある「タスクバー」にマウスカーソルをもっていき、右クリックするとメニューが表示されるので、

win8-task-manager-process-priority-02
その中から「タスクマネージャー」をクリックします。

win8-task-manager-process-priority-03
すると、このように「タスクマネージャー」ウィンドウが表示されます。

win8-task-manager-process-priority-04
優先度を変更する「プロセス」にマウスカーソルをもっていき右クリックすると、このようにメニューが表示されるので、その中から「詳細の表示」をクリックします。

win8-task-manager-process-priority-05
クリックすると、上部タブメニュー「詳細」へ移動します。

win8-task-manager-process-priority-06
プロセスを右クリックし「優先度の設定」にマウスカーソルをもっていき、優先度を選択しましょう。

  • リアルタイム
  • 通常以上
  • 通常
  • 通常以下

優先度は「リアルタイム」が最も高く、「低」が低くなります。状況に応じて使い分けましょう。

win8-task-manager-process-priority-07
優先度を変更すると「プロセス の優先度を変更しますか?」というポップアップが表示されるので、「優先度の変更」をクリックします。

プロセスによっては優先度を変更するとシステムが不安定になる場合があります。
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  5. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  6. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  7. コンピューター名の確認 - Windows8
  8. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  9. Windows8 が使用する最大メモリを設定(制限)
  10. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  11. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  12. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  13. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  14. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  15. 日付と時刻 NTPサーバーの同期間隔の変更 - Windows8

関連記事(一部広告含む)