Windows8/8.1 - タスクバーのアプリをショートカットキーで起動

Windows8のタスクバーにピン留めしたアプリをショートカットキーで起動する方法を紹介します。

windows-8-taskbar-app-shortcut-key-01
このようにタスクバーにピン留めしたアプリをササッとショートカットキーで起動する方法をみていきます。

タスクバーのアプリをショートカットキーで起動

windows-8-taskbar-app-shortcut-key-02
タスクバーのアプリを起動するショートカットキーは

「Windows + 数字」キー

です。

それでは適当にショートカットキーを押してみましょう。

スポンサーリンク

windows-8-taskbar-app-shortcut-key-03
「Windows + 1」を押すと、この例では「Internet Explorer」が起動します。

windows-8-taskbar-app-shortcut-key-04
「Windows + 5」を押すと、この例では「iTunes」が起動します。

windows-8-taskbar-app-shortcut-key-05
「Windows + 9」を押すと、この例では「メモ帳」が起動します。

このショートカットキーは大変便利です。

よく使うアプリは定位置に置いて、ショートカットキーで起動するようにしておくとかなり便利ですよ!画像だけでは、なかなか伝わりませんが……。慣れてくると、まるで!脊髄反射のように意識せずにアプリを起動することができます!

タスクバー関連の人気記事

  1. タスクバーにツールバーを表示 - Windows8
  2. 通知領域のシステムアイコンを表示 / 非表示 - Windows8
  3. タスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを追加 - Windows8
  4. Windows8 にスタートボタンを追加「Classic Shell」
  5. Windows8/8.1 - タスクバーにアプリをピン留め
  6. タスクバーのボタンを個別表示 - Windows8

関連記事(一部広告含む)