スタートアップを有効/無効に - Windows7

Last Update:

Windows7 に登録しているスタートアップを有効/無効にする方法を紹介します。

プログラム(アプリケーション)によっては、インストールすると自動的にスタートアップに登録されるものがあります。登録されたプログラムはサインイン時に自動起動するので、わざわざ起動しなくてもいいので便利!

と言いたいところですが、あまり使用しないプログラムが起動しているとメモリなどのリソースを圧迫してしまうので、使用頻度の低いプログラムのスタートアップは無効にしておきましょう。

スタートアップの有効/無効

それではスタートアップを有効/無効にする方法をみていきます。

windows7-startup-enable-disale-01
「Windows」キーを押しながら「R」キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを表示します。

windows7-startup-enable-disale-02
名前欄に「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。

windows7-startup-enable-disale-03
クリックすると「システム構成」が表示されるので、上部タブメニュー「スタートアップ」をクリックします。

windows7-startup-enable-disale-04
クリックすると、このように登録されているスタートアップの一覧が表示されます。

windows7-startup-enable-disale-05
チェックボックスのチェックの有無で、スタートアップを有効/無効にすることができます。

  • チェックを入れる → スタートアップ有効
  • チェックをはずす → スタートアップ無効

設定が完了したら「OK」をクリックしましょう。これでOKです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. スタートアップを有効/無効に - Windows7
  2. スタートアップにアプリケーションを追加 - Windows7
  3. Windows7 - コンピューター名の確認
  4. Windows7 - ライセンス認証(プロダクトキーの再入力)
  5. コマンドプロンプトの起動 - Windows7
  6. Windows7 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動
  7. ファイアウォールの状況の確認と設定 - 有効化/無効化 - Windows7
  8. Windows Defenderを使って コンピューターをスキャン - Windows7
  9. Windows7 - レジストリエディターを起動する方法
  10. コンピューター名を変更する方法 - Windows7
  11. Windows7 - 電源オプションの設定 - 省電力とパフォーマンス重視
  12. 定期的にファイルをバックアップ - Windows7
  13. システムのセキュリティ状況を確認 - Windows7
  14. Windows7 - Windows Update 更新履歴を表示する(成功・失敗)

関連記事(一部広告含む)