MENU

Windows 10 - マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法

Windows10 で、マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法を紹介します。

タッチパッド

ノートパソコンにはマウスがなくてもWindowsを操作できる「タッチパッド」が備わっています。

便利なタッチパッドですが、マウスを接続してしまえば不要になります。特にタイピング時に意図していないのにクリックされたり……といった誤作動もあるでしょう。

ということで、マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法をみていきます。

マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法は?

マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法は次の手順です。

マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法
  1. [スタートボタン] をクリックし、スタートメニューの [歯車] アイコンをクリックしましょう。
  2. 設定の [デバイス] をクリックし、左メニューの [タッチパッド] を選択します。
  3. タッチパッド設定の [マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない] からチェックをはずしましょう。
  4. これでマウス接続時にタッチパッドは無効になります

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

スタートボタンをクリック


スタートボタンをクリックし

スタートメニューからWindowsの設定を


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックしましょう。

Windowsの設定→デバイス


Windows の設定です。「デバイス」をクリックしましょう。


デバイスの設定です。左メニューの「タッチパッド」をクリックします。

タッチパッドの設定


タッチパッドの設定です。「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」にチェックを入れると、常にタッチパッドは有効になります。


チェックをはずすと、マウス接続時にタッチパッドは無効になります。

iPhone の人気記事