今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows8 - 「Ctrl」と「Caps Lock」キーの入れ替え - Ctrl2cap

スポンサーリンク

Windows8で「Ctrl」と「Caps Lock」キーの入れ替え方法を紹介します。

Linux/Unixには「Ctrl」キーと組み合わせた便利なショートカットキーが多いので、根っからのLinux/Unixユーザー(最近では、Macユーザーも!?)は「Ctrl」キーが「A」キーの左隣にないと作業効率が落ちる方が多いようです。

そのため、Linuxでは「xmodmap」を使って「Ctrl」と「Capls Lock」キーを入れ替えるのが一般的です。

Windows8でも「Ctrl2cap」を使うと簡単に「Ctrl」と「Ctrl2cap」キーを入れ替えることができるので、ここではその方法を紹介します。

「Ctrl」と「Caps Lock」キーの入れ替え

ctrl2cap-00
「Ctrl2cap のダウンロード」をクリックします。

クリックするとファイル「Ctrl2Cap.zip」のダウンロードがはじまります。

ダウンロードしたファイルを解凍し、管理者としてコマンドプロンプトを起動します。

スポンサーリンク

キーの入れ替え

ctrl2cap-01

解凍したフォルダへ移動し、以下のコマンドを実行します。

> ctrl2cap /install

すると、以下のようなメッセージが表示されるので、コンピュータを再起動しましょう。

Ctrl2cap successfully installed. You must reboot for it to take effect.

これでOKです。

キーを元に戻す

ctrl2cap-02

キーの入れ替えを元の配置に戻す場合は以下のコマンドを実行します。

> ctrl2cap /uninstall

すると、以下のようなメッセージが表示されるので、コンピュータを再起動しましょう。

Ctrl2cap uninstalled. You must reboot for this to take effect.

これでOKです。

スポンサーリンク

関連記事と広告