Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法

カテゴリ: Safari 2014年5月4日 17:35

Safariメニューバーに「開発」メニューを表示する方法を紹介します。

Safariの「開発」では、クロスブラウザーのテストを行うことができます。「Safari iOS」「Internet Explorer 9.0 / 8.0 /7.0」「Google Chrome」「Firefox」「Opera」での表示が確認できるので、便利ですよー。

また、FirefoxやChromeのアドオンで有名な「Firebug」のようにHTMLを解析することもできるので、「開発メニュー」を表示しておきましょう。

それでは、表示方法をみてみましょう。

スポンサーリンク

開発メニューの表示方法

safari-menu-development
Dockから「Safari」を起動します。

safari-menu-dev
Safariのメニューから「環境設定」をクリックします。

safari-menu-dev-1
環境設定の上部タブ「詳細」をクリックし、「メニューバーに開発メニューを表示」にチェックを入れます。これだけです。

safari-menu-dev-2
すると、じゃーん!このようにメニューバーに開発メニューが表示されます。

Safariの開発メニューを利用すれば、制作したサイトがFirefox、IEのさまざまなバージョン、iPhoneやiPad……でどのように表示されるかを確認することができます。

safari-menu-development
また、「ページのリソース」では、HTML+CSSコードと表示を同時に確認できるので、こちらも便利ですよ。

以上、「Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法」でした。

スポンサーリンク