MENU

Windows 11 - ディスプレイ(画面)の明るさを調整する方法

Windows 11のディスプレイ(画面)の明るさを調整する方法を紹介します。

ディスプレイの明るさは「キーボード」「クイック設定」「Windowsの設定」から調整することができるので、ここではそれらの方法をみていきます。

また、「ディスプレイの明るさを自動調整」「ディスプレイの明るさを最適化し、バッテリーを改善」する設定も合わせてみていきます。

ディスプレイの明るさを調整する方法は?

Windows 11 ディスプレイの明るさを調整する方法です。

キーボードで調整する。

  1. [Fn] + [F6] / [F7] キーを押す。


    ノートパソコンには、このようにディスプレイの明るさをキーボードで変更できる場合があります。

    次のようにキーボードを押すとディスプレイが明るく/暗くなります。

    • Fn + F6
      Fn キーを押しながら F6 キーを押すと、ディスプレイが暗くなります。
    • Fn + F7
      Fn キーを押しながら F7キーを押すと、ディスプレイが明るくなります。
  2. デスクトップの目盛りで明るさレベルを確認する。


    明るさを調整するキーを押すと、デスクトップに明るさの目盛りが表示され、明るさをレベルを確認することができます。

クイック設定で明るさを調整する。

  1. [クイック設定] を開く。


    タスクバーの右側(日付の隣)をクリックしましょう。

    クイック設定はショートカットキー Win + Aで開くこともできます。

  2. [スライドバー] で明るさを調整する。


    クイック設定です。スライドバーで、明るさを調整することができます。

    クイック設定の詳細は、Windows 11 クイック設定をカスタマイズする方法をご覧ください。

Windowsの設定で明るさを調整する。

  1. [設定] を起動する。


    ①「スタートボタン」を右クリックし
    ②「設定」をクリックします。

  2. [システム] → [ディスプレイ] を選択する。


    Windowsの設定です。

    1. 設定の左メニューの「システム」を選択し
    2. 「ディスプレイ」をクリックします。
  3. ディスプレイの明るさを調整する。


    スライドバーで、明るさを調整することができます。

ディスプレイの明るさを自動調整する方法は?(オン/オフ)

Windows 11 ディスプレイの明るさを自動調整する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。

  2. [システム] → [ディスプレイ] を選択する。

  3. [明るさを自動的に調整する] にチェックを入れる。


    Windowsの設定(ディスプレイ)です。

    1. 「明るさ」を選択し
    2. 「照明が変化した場合に明るさを自動的に調整する」にチェックを入れる/チェックをはずすことで、自動調整をオン/オフにすることができます。

    明るさの自動調整でディスプレイが明るく/暗く感じる場合は、自動調整を「オフ」に設定し、手動で明るさを調整しましょう。

ディスプレイの明るさを最適化しバッテリーの改善する方法は?

Windowsの設定で、ディスプレイの明るさを最適化しバッテリーを改善する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。

  2. [システム] → [ディスプレイ] を選択する。

  3. [明るさを最適化する...] にチェックを入れる。


    Windowsの設定(ディスプレイ)です。

    1. 「明るさ」を選択し
    2. 「表示されるコンテンツと明るさを最適化するとバッテリーの改善に役立ちます」にチェックを入れる/チェックをはずすことで、バッテリーを改善することができます。

    ディスプレイが暗く感じる場合は、この設定を「オフ」に設定し、手動で明るさを調整しましょう。

Windows 11 の人気記事