MENU

Windows 11 - モニターのリフレッシュレートを変更する方法

Windows 11 に接続しているモニターのリフレッシュレートを変更する方法を紹介します。

リフレッシュレートとは、ディスプレイ画面を1秒間に表示できる回数のことで、ヘルツ(Hz)で表されます。この数値が高いほど画面の描写・動きが滑らかになります。

そのため、ゲーミングモニターなどのハイエンドモニターを使用している場合、リフレッシュレートを高く設定することができます。

※ ただし、リフレッシュレートを高く設定すると、消費電力も大きくなります。

ここではリフレッシュレートを変更する方法をみていきます。

モニターのリフレッシュレートを変更する方法は?

Windows 11 モニターのリフレッシュレートを変更する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. 「スタートボタン」を右クリックし
    2. 「設定」をクリックしましょう。

    設定の起動方法はいくつかあります。詳しくは、Windows 11 「Windowsの設定」を起動する方法をご覧ください

  2. [システム] → [ディスプレイ] を選択する


    Windowsの設定です。

    1. 左メニューの「システム」を選択し
    2. 「ディスプレイ」をクリックします。
  3. [ディスプレイの詳細設定] を選択する


    ディスプレイの設定です。「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。

  4. リフレッシュレートを変更する


    リフレッシュレートを変更しましょう。
    「リフレッシュレートの選択」の右にある「○○Hz」を選択・変更しましょう。

    表示されるリフレッシュレートは使用しているディスプレイによって、異なります。また、変更できない場合もあります。

Windows 11 モニターのリフレッシュレートを変更する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事