Gmail - 送信取り消し機能の設定と使い方

Last Update:

Gmailの送信取り消し機能の設定と使い方を紹介します。

まだ、完成していないメールを誤って送信してしまった!

Gmailには、そんな場合にメールの送信を取り消す機能があるので、ここではその設定と使い方をみていきます。

Gmail - 送信取り消し機能の設定と使い方

それでは実際に設定と使い方をみてみましょう。


Gmailにアクセスし、サインインしましょう。


右上の「歯車」アイコンをクリックします。


すると、メニューが表示されるので「設定」をクリックしましょう。


Gmailの設定です。

「送信取り消し」から「取り消せる時間」を

  • 5秒
  • 10秒
  • 20秒
  • 30秒

から選択しましょう。

これで設定完了です。

送信取り消し機能の使い方


メールを作成し


「送信」すると


画面の左下に「メールを送信しました。」というポップアップが表示されるので

設定した取り消し時間内に「取り消し」をクリックしましょう。


すると、このように「メールの送信を取り消す」ことができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Google関連の人気記事

  1. Google「スピードテスト」 - インターネットの回線速度を測定
  2. Googleアカウント - ログインとログアウト
  3. Google(gmail)アカウントに電話番号を登録(追加)
  4. Google(gmail)アカウント - 2段階認証を無効(オフ)にする方法
  5. Google(gmail)アカウント - 2段階認証を有効(オン)にする方法
  6. Google(gmail)アカウント - アプリパスワードの生成(作成)
  7. Google(Gmail)アカウントの使い方と設定
  8. Googleアカウントの2段階認証 - 認証システムアプリ「Microsoft Authenticator」
  9. Chrome - ブックマーク・履歴・パスワードの同期(Googleアカウント)
  10. Gmail(Google)アカウントを新規に作成
  11. Google(gmail)アカウントに2段階認証でログインする方法
  12. Google(gmail)アカウント - アプリパスワードの確認と削除
  13. Gmailで、他のアドレスからメールを送信する
  14. Gmail - IMAPの設定を有効に(オン)
  15. Outlook - Gmailアカウントの追加

関連記事(一部広告含む)