MENU

Macでスクリーンショット画像のファイル形式を変更する方法

Macで撮影するスクリーンショット画像のファイル形式を変更する方法を紹介します。

Macで画面を撮影すると

こののように PNG形式で保存されますが

JPEG形式など……さまざまなファイル形式にキャプチャー画像を変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

スクリーンショット画像のファイル形式を変更

それでは実際に変更してみましょう。

MacのFinderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」にアクセスし

「ターミナル」を起動します。

ターミナルです。

例えば、JPEG形式に変更する場合は次のコマンドを実行しましょう。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

これで設定完了です。画面を撮影すると、JPEG形式で保存されます。

実際のコマンド実行画面はこんな感じになります。

ファイル形式変更のコマンドリスト

ファイル形式変更のコマンドリストをまとめました。コピペして、ターミナルに貼り付けて実行してください。

PNG形式に変更

defaults write com.apple.screencapture type png

JPEG形式に変更

defaults write com.apple.screencapture type jpg

GIF形式に変更

defaults write com.apple.screencapture type gif

BMP形式に変更

defaults write com.apple.screencapture type bmp

PDF形式に変更

defaults write com.apple.screencapture type pdf

TIFFに変更

defaults write com.apple.screencapture type tiff

現在のファイル形式を確認

現在のファイル形式を確認する場合は次のコマンドを実行しましょう。

defaults read com.apple.screencapture type

実際のコマンド実行画面です。この例では、PNG形式でスクショされます。

Macで撮影したスクリーンショット画像のファイル名を変更することもできます。以下の記事をご覧ください。
Macでスクリーンショットのファイル名を変更する方法

Macのスクリーンショット画像の保存先は「デスクトップ」ですが、お好みの場所に変更することができます。以下の記事を参考にしてください。
Macでスクリーンショットの保存先を変更する方法

Macの画面を撮影する方法をまとめました。以下の記事を参考にしてください。
Mac スクリーンショットを撮る方法まとめ