MENU

Windows 11 - マウスポインターをキーボードで動かす方法

Windows 11 のマウスポインターをキーボードで動かす方法を紹介します。

Windows 11 には、マウスがなくてもマウスポインターをキーボード(テンキー)で動かす機能があるので、ここではその設定方法をみていきます。

マウスポインターをキーボードで動かす方法は?

Windows 11 のマウスポインターをキーボードで動かす方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を起動しましょう。
  2. [アクセシビリティ] → [マウス] を選択する

    1. 設定の左メニュー [アクセシビリティ] を選択し
    2. [マウス] を選択しましょう。
  3. [マウスキー機能] を [オン] にする


    テンキーを使用してマウスポインターを動かすために [マウス キー機能] を [オン] にしましょう。

  4. [マウスキー機能] を設定する


    マウス キー機能の設定です。お好みにカスタマイズしましょう。

    • NumLock キーがオンのときに限り、マウス キー機能を使用する
    • タスクバーにマウスキー機能のアイコンを表示する
    • Ctrl キーを押したままにして加速し、Shift キーを押したままにして減速する
    • マウスキーの速度:スライドバーで変更することができます。
    • マウスキーの加速設定:スライドバーで変更することができます。
  5. テンキーの操作を確認する

    マウスポインターの移動方向キー
    左上(↖)7
    上(↑)8
    右上(↗)9
    左(←)4
    右(→)6
    左下(↙)1
    下(↓)2
    右下(↘)3
    マウスボタンの操作キー
    左クリックスラッシュ (/)
    両方のボタンをクリックアスタリスク (✲)
    右クリックマイナス (✲)
  6. [マウスキー機能] を [オフ] にする


    テンキーでのマウス操作が不要になったら、[マウス キー機能] を [オフ] にしましょう。

これで Windows 11 のマウスポインターをキーボードで動かす方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事