MENU

Windows 11 - 開いてるアプリを保存し、再起動時に起動する方法

Windows 11 で開いているアプリを保存し、再起動時に起動する方法を紹介します。

Windows 11 では、前回のセッションで実行しているアプリを、コンピューターの再起動・再サインイン時に起動することができます。これにより、前回作業を中断したところからすばやく再開することができます。

それでは実際に設定してみましょう。

アプリを再起動時に復元する方法は?

アプリを再起動時に復元する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    ① [スタートボタン] を右クリックし
    ② [設定] を選択します。

  2. [アカウント] → [サインイン オプション] を選択する。


    ① 設定の左メニュー [アカウント] を選択し
    ② [サインイン オプション] をクリックします。

  3. アプリを再起動時に復元する。


    「再起動可能なアプリを自動的に保存し、再度サインインしたときに再起動する」を [オン] にしましょう。

    これで設定完了です。


    アプリが起動した状態で、コンピューターを再起動する


    このようにアプリが復元(再起動)します。

Windows 11 の人気記事