iPhone/iPad - キーボードの変換学習をリセット

iPhone/iPadのキーボード変換学習をリセットする方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)では、キーボードで入力した変換した文字列をどんどん学習してくれるので、一度変換した文字列を次回入力するときにササッと変換することができます。

便利!なんですが、家族とiOSデバイスを共有している場合には注意が必要です。文字入力時の変換候補から趣味趣向がバレて、少し恥ずかしい思いをしてしまうかも知れません。

そこで、ここではiPhone/iPadでの文字入力時の変換候補をリセットする方法をみていきます。

iPhone/iPad - キーボードの変換学習をリセット

それでは実際にリセットしてみましょう。

※ ここでは iPhone の画面を使って説明していますが、iPad でも同じ操作でリセットすることができます。

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「一般」をタップします。

一般設定です。

画面を下へスクロールし

「リセット」をタップします。

さまざまなリセット項目が表示されるので、その中から「キーボードの変換学習をリセット」をタップします。

「パスコード」を入力すると

このようなポップアップが表示されます。

キーボード上で入力したすべてのカスタムワードを削除し、キーボードの変換学習を工場出荷時のデフォルト状態に戻します。

「変換学習をリセット」をタップします。

これでiPhoneの「キーボード変換学習のリセット」完了です。

設定関連の人気記事

  1. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  2. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  3. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  4. iPadの初期設定
  5. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  6. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  7. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  8. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)
  9. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  10. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  11. iPhone/iPad - iTunesとApp Store のパスワード要求の設定
  12. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)
  13. iPhoneアプリ「Safari」 - 自動入力の設定 - iPad
  14. iPhone - Game Center の通知を消す(オフ) - iPad
  15. iPhone - スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更

関連記事(一部広告含む)