MENU

Macのスクリーンショットで撮影した画像のファイル形式を変更

Macのスクリーンショットで保存されるファイル形式を変更する方法を紹介します。

ファイル形式を変更

MACのデフォルト設定では、スクリーンショットを撮ると「PNG」形式で保存されます。しか~し、ちょちょいと設定するだけで、他のファイル形式に変更することができます。

変更できるファイル形式は「BMP、GIF、JPG、PDF、PNG、TIFF」です。多様ですねー。

それでは、ファイル形式の変更方法をみていきましょう。

ターミナルの起動

mac-terminal
MacのFinderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」にアクセスし、「ターミナル」を起動します。

BMPに変更

起動したターミナルにスクリーンショットで保存されるファイル形式を変更するコマンドを入力します(プロンプト → $ の後ろに入力)。

defaults write com.apple.screencapture type bmp

SystemUIServerを再起動し、設定を反映します。

killall SystemUIServer

GIFに変更

defaults write com.apple.screencapture type gif
killall SystemUIServer

JPGに変更

defaults write com.apple.screencapture type jpg
killall SystemUIServer

PDFに変更

defaults write com.apple.screencapture type pdf
killall SystemUIServer

PNGに変更

defaults write com.apple.screencapture type png
killall SystemUIServer

TIFFに変更

defaults write com.apple.screencapture type tiff
killall SystemUIServer

以上、「Macのスクリーンショットで保存されるファイル形式を変更する方法」でしたー。

スクリーンショット関連の記事

Macの使い方

関連記事