Windows10 - ライセンス認証(ストアで購入したデジタルライセンス)

Windows10 のライセンスを認証する方法を紹介します。

コンピュータのハードウェア構成を変更すると……Windows10 がライセンス認証されていない状態になります。

ということで、ここでは Windows 10 のライセンス認証をみていきます。

Windows10 - ライセンス認証

それでは実際に認証方法をみていきます。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

ライセンス認証されていない場合は……

画面の下に

「Windows がライセンス認証されいmせん。今すぐ Windows をライセンス認証してください。」と表示されるので、それをクリックしましょう。


ライセンス認証です。

ライセンス認証 Windows ライセンス認証されていません
有効なデジタルライセンスまたはプロダクトキーをお持ちでいないため、このデバイスの Windows をライセンス認証できません。有効なライセンスまたはキーをお持ちだと考えられる場合は、下の「トラブルシューティング」を選択してください。

とのことです。


管理人は有効なライセンスを持っているので

「トラブルシューティング」をクリックしました。


すると、ライセンス認証が行われます。


トラブルシューティングの完了です。

ライセンス認証を行うことができませんでした……

「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリックします。


Microsoftアカウントの「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。


まれに認証サーバー?が利用できない場合があります。しばらくしてもう一度、サインインしましょう。

スポンサーリンク


有効なデジタルライセンスを選択し


「アクティブ化」をクリックします。


ライセンス認証することができませんでした……

そんな場合は「ストアに移動」をクリックし


「はい」をクリックし、ストアを起動します。


ストアです。

「Windows 10 Pro プロダクトキーを持っています」をクリックしましょう。


すると、ユーザーアカウント制御が表示されます。

「はい」をクリックしましょう。


プロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックしましょう。


「ライセンス認証」をクリックします。


Windows がライセンス認証されました!


これで Windows 10 のライセンス認証は完了です。

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  4. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  5. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  6. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  7. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  8. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  9. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  10. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  11. Windows10 - システムの保護 - 復元ポイントの作成
  12. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  13. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  14. Windows10 - ゲームバーの設定と使い方
  15. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法

関連記事(一部広告含む)