今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Windows Essentials のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

タスクバーにクイック起動を追加 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8でタスクバーに「クイック起動」バーを追加する方法を紹介します。

アプリなどの実行ファイルはタスクバーにピン留めできますが、フォルダやその他のショートカットはタスクバーにピン留めできません……。困った……。

そんな場合は「クイック起動」バーをタスクバーに追加し、さまざまな便利なショートカットをタスクバーから起動しましょう。

それでは実際に設定方法をみていきます。

スポンサーリンク

タスクバーに「クイック起動」を追加

windows8-taskbar-quicklaunch-00
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

windows8-taskbar-quicklaunch-01
タスクバー上にマウスポインターをもっていき右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「ツールバー」→「新規ツールバー」をクリックします。

windows8-taskbar-quicklaunch-02
フォルダ入力欄に「shell:quick lanuch」を入力し、「フォルダー選択」をクリックします。

windows8-taskbar-quicklaunch-03
クリックするとタスクバーの右のほうへ「Quick Launch」バーが追加されます。

windows8-taskbar-quicklaunch-05
「クイック起動」の「»」をクリックするとさまざまなショートカットが表示されます。ここから「アプリ」や「デスクトップの表示」を起動することができます。

次は「クイック起動」フォルダの場所をみてみましょう。

「クイック起動」フォルダの場所

windows8-taskbar-quicklaunch-06
エクスプローラーを起動し、アドレス欄に「shell:quick launch」と入力し、Enterキーを押します。

windows8-taskbar-quicklaunch-07
すると「クイック起動」フォルダへアクセスすることができます。このフォルダに「クイック起動」から起動したいショートカットを貼り付ければ、OKです。フォルダのフルパスは以下の通りです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch

おすすめの「クイック起動」設定

次はおすすめの「クイック起動」設定を紹介します。

windows8-taskbar-quicklaunch-04
「クイック起動」バーへマウスポインターをもっていき、右クリックするとメニューが表示されるので、「表示」→「大きいアイコン」を選択します。

windows8-taskbar-quicklaunch-08
同じようにメニューから「ボタン名の表示」「タイトルの表示」の選択をはずします。

windows8-taskbar-quicklaunch-09
するとこのように「クイック起動」が大きなアイコンになります。あとは「クイック起動」をお好みの位置へずらします。

windows8-taskbar-quicklaunch-10
すると、このように「クイック起動」が使いやすくなります。

「クイック起動」を非表示(削除)

windows8-taskbar-quicklaunch-11
「クイック起動」バーを非表示にしたい場合は、タスクバー上にマウスポインターをもっていき右クリックし、メニューから「ツールバー」→「Quick Launch」の選択をはずします。

windows8-taskbar-quicklaunch-12
すると、このように「クイック起動」を非表示になります。

スポンサーリンク