Windows 11 - マウス接続時にタッチパッドを無効にする方法

windows 11 disable touchpad

Windows 11 マウス接続時にタッチパッドを無効にする方法を紹介します。

タッチパッド搭載のパソコンでマウス接続時には、タッチパッドを無効にすることができるので、ここではその方法をみていきます。

今回紹介する方法でタッチパッドを無効にしても、マウス接続を解除すると、タッチパッドが使用できるようになります。

マウス接続時にタッチパッドを無効にする方法は?

Windows 11 タスクバーのIMEアイコンを非表示にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    disable touchpad using mouse windows 11 01

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を選択します。
  2. [Bluetooth とデバイス] → [タッチパッド] を選択する

    disable touchpad using mouse windows 11 02

    1. 設定の左メニュー [Bluetooth とデバイス] を選択し
    2. [タッチパッド] をクリックします。
  3. [タッチパッド] をクリックする

    disable touchpad using mouse windows 11 03
    一番上にある [タッチパッド] をクリックしましょう。

  4. マウス接続時にタッチパッドを無効にする(オフ)

    disable touchpad using mouse windows 11 04
    [マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない] からチェックを外しましょう。

  5. マウス接続時にタッチパッドを有効にする(オン)

    マウス接続時もタッチパッドを使用したい!

    disable touchpad using mouse windows 11 05
    という場合は、[マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない] にチェックを入れましょう。

これで Windows 11 タスクバーのIMEアイコンを非表示にする方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事