MENU

Windows 11 - デスクトップ画面をすばやく表示する方法

Windows 11 のデスクトップ画面をすばやく表示する方法を紹介します。

デスクトップ画面にアプリ・ファイル・フォルダーなどのショートカットを多く配置している場合は、今回紹介する方法で、すばやくササッとデスクトップ画面を表示しましょう。

デスクトップを表示する方法は?

デスクトップを表示する方法はいくつかあるので、ひとつずつみていきます。

方法①:ショートカットキー「Win + D」を押す。

ショートカットキーWin + Dを押すと、デスクトップ画面が表示されます。


Windowsキーを押しながらDキーを押しましょう。

これでデスクトップが表示されます。

方法②:ショートカットキー「Win + M」を押す。

ショートカットキーWin + Mを押すと、すべてのウィンドウを最小化するので、デスクトップ画面が表示されます。


Windowsキーを押しながらMキーを押しましょう。

これでデスクトップが表示されます。

方法③:ショートカットキー「Win + ,」を押す。

ショートカットキーWin + ,を押すと、一時的にデスクトップ画面が表示されます。


Windowsキーを押しながら,キーを押しましょう。

ショートカットキーを押している間、デスクトップ画面が表示されます。

方法④:仮想デスクトップを切り替える。

デスクトップにアプリを配置していない「仮想デスクトップ」を作成しておくことで、ショートカットキーWin + Ctrl + ←、あるいはショートカットキーWin + Ctrl + →を押すことで、デスクトップ画面を表示することができます。

方法⑤:タスクバーの右側にあるボタンを押す。


タスクバーの右側にある [デスクトップの表示] ボタンをクリックすると、デスクトップ画面が表示されます。

これで Windows 11 のデスクトップ画面をすばやく表示する方法の解説は終了です。「デスクトップの表示」ボタンが機能しない場合は次の設定を確認しましょう。

「デスクトップの表示」ボタンが機能しない場合の対処方法

タスクバーの右端にある「デスクトップの表示」ボタンが機能しない場合は次の設定を確認しましょう。

  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を選択します。
  2. 設定の左メニュー [個人用設定] を選択し、[タスクバー] をクリックします。
  3. [タスクバーの動作] を選択し、[デスクトップを表示するには、タスクバーの隅を選択します] にチェックを入れましょう。

以上、Windows 11 のデスクトップ画面をすばやく表示する方法でした。その他の Windows 11 の設定と使い方をまとめていますので、ご参考にどうぞ。

Windows 11 の人気記事