今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

Mac OS X で Windows を使う6つの方法

スポンサーリンク

Mac OS X で Windows を使う6つの方法を紹介します。

使用用途や環境によって異なるので「これがおすすめ!」というのは特にないのですが、それぞれのメリットやデメリットがあるので、ここではそれらを紹介します。

いくつかの方法を試してみてから、お好みの方法を見つける! というのがいいかもしれません。それぞれの具体的な使い方はリンク先をご覧ください。

スポンサーリンク

1. VirtualBox - 仮想環境

まずはじめに紹介するのは、フリーソフト「Virtualbox」を使って、Mac上に構築した仮想環境に Windows をインストールする方法です。

メリット

  • なんと言っても!お手軽!
  • Mac と Windows の同時操作可能

デメリット

  • 2つの OS を1つのマシンで同時起動するので重たい処理を走らせるとスペックが心配

2. Parallels Desktop - 仮想環境

次は「Parallels Desktop」を使って、Mac上に構築した仮想環境に Windows をインストールする方法です。

メリット

  • Mac と Windows の同時操作可能
  • VirtualBox より多機能で動きが軽い

デメリット

  • 有料ソフトである……

3. Boot Camp

次は Boot Camp を紹介します。

Boot Campとは、Intel CPU を搭載した Mac に Windows をインストールすることができる便利な機能で、Apple がドライバを提供しているので安心です。

メリット

  • そこそこお手軽!
  • OS を切り替えて使うので、マシンのスペックをすべて使用可能

デメリット

  • OS を切り替えて使うので、Mac と Windows の同時操作不可

4. リモートデスクトップ

Windows マシンを用意し、Mac からリモートデスクトップ接続します。

メリット

  • 2つのマシンを使うので、すべてのスペックを使用可能
  • Mac と Windows の同時操作可能

デメリット

  • Mac とは別に Windows マシンが必要

5. さくらのVPS for Windows Server

さくらのVPS for Windows Server とは、さくらインターネットが提供する VPS(仮想専用サーバー)です。リモートデスクトップが利用できる端末であれば、Windows、Mac、iPhone/iPad などのさまざまなデバイスから Windows を操作することができまます。

メリット

  • Mac と Windows の同時操作可能
  • VPS上のサービスなので、インターネットへ接続できれば、外出先でも利用可能
  • スペックは契約プランに依る
  • 「Microsoft SQL Server」が利用可
  • Windows が利用できるサービスの中では格安

デメリット

  • 有料。月額1000円〜

6. お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com デスクトップクラウド とは、Windows、Mac、iPhone/iPad などのさまざまなデバイスから操作できる Windows 環境を提供してくれるサービスのことです。

メリット

  • Mac と Windows の同時操作可能
  • クラウド上のサービスなので、インターネットへ接続できれば、外出先でも利用可能
  • スペックは契約プランに依る

デメリット

  • 有料。月額2400円〜

以上、「Mac OS X で Windows を使う6つの方法」でした。

スポンサーリンク

関連記事と広告