今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  5. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除

iPhone/iPad - Safari - クイックWebサイト検索の使い方

スポンサーリンク

iPhone/iPad のクイックWebサイト検索の使い方をみていきます。

クイックWebサイト検索とは、Safari の検索フォームに「検索する語句」とともに「Webサイト名」を入力すると、入力したWebサイト内での検索をを実行してくれる機能のことです。

検索するサイトが決まっている場合(例えば「Wikipedia」や「Amazon」)には、大変便利な昨日です。使い方を覚えておきましょう。

クイックWebサイト検索の使い方

それでは実際に使い方をみていきます。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-01

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-02

設定画面を下へスクロールします。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-03

「Safari」をタップします。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-04

「クイックWebサイト検索」をタップします。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-05

クイックWebサイト検索がオン(緑色)になっていることを確認しましょう。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-06

クイックWebサイト検索とは

スマート検索フィールドに検索する語句とともにWebサイトの名前を入力すると、そのWebサイト内で検索を実行できます。
例 "wiki アインシュタイン"を入力すると、Wikipediaの"アインシュタイン"の検索結果が表示されます。

とのことです。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-07
クイックWebサイト検索のショートカットは、そのWebサイト内での検索実行時に自動的に追加されます。
iphone-ipad-safari-quick-web-search-08

ということで、「Safari」を起動し

スポンサーリンク
iphone-ipad-safari-quick-web-search-09

Wikipediaにアクセスし、「Wikipedia内を検索」しましょう。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-10

すると、「クイックWebサイト検索」の設定項目「Webサイトのショートカット」に「Wikipedia」が追加されます。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-11

Safari に戻り上部フォームに"wiki アインシュタイン"と入力すると

iphone-ipad-safari-quick-web-search-12

このように「wikipedia」を検索という項目が表示されます。これが「クイックWebサイト検索」です。

これをタップすると

iphone-ipad-safari-quick-web-search-13

Wikipediaの"アインシュタイン"が表示されます。

iphone-ipad-safari-quick-web-search-14

他にもSafariで Amazonにアクセスし、「検索」すると

iphone-ipad-safari-quick-web-search-15

「Webサイトのショートカット」に「amazon」が追加されるので

iphone-ipad-safari-quick-web-search-16

Safari の上部フォームに"amazon ipad"と入力すると、クイックWebサイト検索が利用できるようになります。

関連記事(一部広告含む)