iPhoneアプリ「Safari」 - WebページをPDFファイルとして保存

スポンサーリンク

アプリ「Safari」で、WebページをPDFファイルとして保存する方法を紹介します。

iOS 11から、SafariでブラウズしたWebページをPDFファイルとして保存できるようになりました。

WebページをPDFファイルとして保存

それでは実際にWebページをPDFファイルとして保存してみましょう。

ここでは iPhone の画面を使って、操作方法をみていきます。iPad でも同じように操作することができます。

ホーム画面から「Safari」を起動しましょう。

Safari です。

保存したいページへアクセスし、スクリーンショットを撮影しましょう。

スクショは「音量を上げるボタン」を押しながら「サイドボタン」を押すと撮影できます。

画面左下のスクショのサムネイルをタップします。

スクショの編集画面です。

「フルページ」をタップします。

すると、このようにフルページ・ファイルが表示されます。

スポンサーリンク

必要であれば、ファイルを編集しましょう。

画面左上の「完了を」をタップし

右上の「鉛筆」アイコンをタップすると

これでファイルを保存することができます。

保存したファイルをみていみましょう。

ホーム画面から「ファイル」を起動し

先程、保存したPDFファイルがあります。

関連記事(一部広告含む)