今日の人気記事

  1. iPhone - 緊急速報の設定(アラートをオフ、音を鳴らさない)
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. iPhone - SIM カードを取り出す方法

iPhone/iPadアプリ「Safari」 - WebページをPDFファイルとして保存

スポンサーリンク

アプリ「Safari」で、WebページをPDFファイルとして保存する方法を紹介します。

iOS 11から、SafariでブラウズしたWebページをPDFファイルとして保存できるようになりました。

WebページをPDFファイルとして保存

それでは実際にWebページをPDFファイルとして保存してみましょう。

ここでは iPhone の画面を使って、操作方法をみていきます。iPad でも同じように操作することができます。

スポンサーリンク

ホーム画面から「Safari」を起動しましょう。

Safari です。

保存したいページへアクセスしましょう。

画面下部の「↑」をタップすると

このようなポップアップが表示されるので

下の段をスワイプしましょう。

「PDFを作成」をタップします。

すると、このように表示しているWebページがPDF化されます。

右上の「鉛筆」アイコンをタップすると

このようにさまざまなペンが表示され

こんな感じでPDFファイルに書き込むことができます。

画面右上の「完了」をタップすると

ファイルを保存することができます。

ファイルの保存先を選択しましょう。

ここでは「iCloud Drive」を選びました。

「追加」をタップすれば、PDFファイルの保存は完了です。

保存したファイルをみていみましょう。

ホーム画面から「ファイル」を起動し

画面下部の「ブラウズ」をタップします。

「iCloud Drive」をタップすると

先程、保存したPDFファイルがあるので

それをタップしましょう。

すると、このようにPDFファイルを閲覧することができます。

スポンサーリンク

関連記事と広告