MENU

iPhoneアプリ「Safari」 WebページをPDFファイルとして保存する方法

iPhoneアプリ「Safari」で、WebページをPDFファイルとして保存する方法を紹介します。

iOS 11から、SafariでブラウズしたWebページをPDFファイルとして保存できるようになりました。

WebページをPDFファイルとして保存

それでは実際にWebページをPDFファイルとして保存してみましょう。

Safariの起動

ホーム画面から「Safari」を起動しましょう。

保存したいページのスクショを撮影

保存したいページへアクセスし、スクリーンショットを撮影しましょう。

iPhone – 撮影したスクリーンショットをすぐに編集

スクショは [音量を上げるボタン] を押しながら [サイドボタン] を押すと撮影できます。

スクショのサムネイル選択

画面左下のスクショのサムネイルをタップします。

スクショの編集

スクショの編集画面です。
①[フルページ] タブをタップし
②[完了] をタップします。

PDFをファイルに保存

画面下にポップアップが表示されるので
[PDFをファイルに保存] をタップします。

保存する場所の選択

①ファイルを保存する場所を選択し
②[保存] をタップします。

これでWebページをPDFファイルとして保存することができます。

PDFファイルの確認

保存したPDFファイルを確認してみましょう。

[ファイル] アプリの起動

[ファイル] アプリを起動し

保存した場所を選択

ファイルを保存した場所をタップします。

PDFファイルの確認

このように保存したPDFファイルを確認することができます。

iPhoneの関連記事

iPhoneの関連記事です。あわせてご覧ください。

iPhone の人気記事