iPhoneアプリ「Safari」 - WebページをPDFファイルとして保存

アプリ「Safari」で、WebページをPDFファイルとして保存する方法を紹介します。

iOS 11から、SafariでブラウズしたWebページをPDFファイルとして保存できるようになりました。

WebページをPDFファイルとして保存

それでは実際にWebページをPDFファイルとして保存してみましょう。

ここでは iPhone の画面を使って、操作方法をみていきます。iPad でも同じように操作することができます。

ホーム画面から「Safari」を起動しましょう。

Safari です。

保存したいページへアクセスし、スクリーンショットを撮影しましょう。

スクショは「音量を上げるボタン」を押しながら「サイドボタン」を押すと撮影できます。

画面左下のスクショのサムネイルをタップします。

スクショの編集画面です。

「フルページ」をタップします。

すると、このようにフルページ・ファイルが表示されます。

必要であれば、ファイルを編集しましょう。

画面左上の「完了を」をタップし

右上の「鉛筆」アイコンをタップすると

これでファイルを保存することができます。

保存したファイルをみていみましょう。

ホーム画面から「ファイル」を起動し

先程、保存したPDFファイルがあります。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

使い方関連の人気記事

  1. iPhone - 不審なカレンダー(スパム)を削除する方法
  2. iPhone - iCloud Drive に保存されているファイルを確認・削除 - iPad
  3. iPhone - iCloudにバックアップするアプリ・データを設定(オン/オフ) - iPad
  4. iPhone/iPad - Apple ID(iCloud)からサインアウトする方法
  5. iPhone/iPad - フォルダの作成・削除/フォルダ名の変更
  6. iPhone/iPad - メールでもらったギフトを使用(チャージ) - iTunes & App Store
  7. iPhone/iPad - すべての連絡先をまとめて削除する方法
  8. iPhone/iPad - ズーム機能 - 3本指ダブルタップで画面を拡大
  9. iPhone - 作成したショートカットの削除
  10. iPhone - ワンタップで電話をかける(ショートカットの作成)
  11. iPhone/iPad - Apple ID(iCloud)へサインインする方法
  12. iPhone - (手動で)iCloudバックアップを今すぐ作成 - iPad
  13. iPhone/iPad - 複数のアプリをまとめて移動する方法
  14. iPhone/iPad - iOS版Safariでサイト内検索(ページを検索)する方法
  15. iPhone で、Apple Watch のバッテリー残量を確認(コントロールセンター)

関連記事(一部広告含む)