今日の人気記事

  1. iPhone - 緊急速報の設定(アラートをオフ、音を鳴らさない)
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPadアプリ「Safari」 - プライバシーとセキュリティの設定

スポンサーリンク

iPhone/iPadアプリ「Safari」のプライバシーとセキュリティの設定方法を紹介します。

プライバシーとセキュリティを設定すると

「CookieとWebサイトのデータ」の取り扱いなどを設定することができます。また「フィッシングサイト」のブロックなどの設定もこちらで行います。

プライバシーとセキュリティの設定

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

スポンサーリンク
iphone-ipad-safari-security-privacy-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-safari-security-privacy-02

設定です。

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-safari-security-privacy-03

「Safari」をタップします。

iphone-ipad-safari-security-privacy-04

Safari の設定です。

画面を下へスクロールすると

iphone-ipad-safari-security-privacy-05

「プライバシーとセキュリティ」項目があるので、設定をみていきましょう。

iphone-ipad-safari-security-privacy-06

「追跡しない」を「オン(緑色)」にすると、関連する広告を表示するための追跡がされまくなります。これにより閲覧しているサイトの傾向が晒されることがなくなります。

iphone-ipad-safari-security-privacy-07

次は「Cookieをブロック」をみてみましょう(タップします)。

iphone-ipad-safari-security-privacy-08

「CookieとWebサイトのデータ」の取り扱いを次の4つから選択します。

  • 常にブロック
  • アクセス中のWebサイトのみ許可
  • 訪問したWebサイトを許可
  • 常に許可
iphone-ipad-safari-security-privacy-09

「詐欺サイトの警告」です。フィッシングサイトをブロックし、警告をしてくれます。

この設定は必ず「オン(緑色)」にしておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告