今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad を検索 - Spotlight検索の使い方

スポンサーリンク

iPhone/iPad を検索する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPadなど)には、Spotlight検索と呼ばれる検索機能が搭載されています。この機能を使うと簡単に「App」「連絡先」「ミュージック」「メモ」「メール」……を検索することができます。

ここではSpotlight検索の使い方を紹介します。

iPhone/iPad - Spotlight検索の使い方

ここではiPadの画像を使って、Spotlight検索の使い方を紹介しますが、iPhoneでも同じように操作することができます。

スポンサーリンク

それでは使い方を見てみましょう。

iphone-ipad-spotlight-search-01
iPad ホーム画面で下へスワイプします。

※ スワイプする場所はどこでも構いませんが、画面の上の方で下へスワイプすると「コントロールセンサー」が表示されます。

iphone-ipad-spotlight-search-02
すると、上部に検索フォーム、下部にキーボードが表示されるので、

iphone-ipad-spotlight-search-03
検索フォームに適当に文字を入力しましょう。ここでは「め」。

iphone-ipad-spotlight-search-04
すると、このように検索文字列「め」に対応する検索結果「App」や「ミュージック」が表示されます。

iphone-ipad-spotlight-search-05
画面右下の「キーボード」マークをタップすると、

iphone-ipad-spotlight-search-06
キーボードが非表示になるので、どれかをタップしてみましょう。

ここでは「メモ」をタップします。

iphone-ipad-spotlight-search-07
すると、このようにアプリ「メモ」が起動します。ミュージックをタップすると音楽が再生されます。

他の文字列を検索してみましょう。ここでは「apple」。

iphone-ipad-spotlight-search-08
すると、「連絡先」「Webを検索」「Wikipediaで検索」が表示されます。

iphone-ipad-spotlight-search-09
「Webを検索」をタップすると「Safari」が起動し、「apple」の検索結果が表示されます。検索には設定している検索エンジンが利用されます。

「App」「連絡先」「ミュージック」「メモ」「メール」が増えてくるとSpotlight検索は大変便利なので、おすすめ機能です。

スポンサーリンク