Windows10 - マウス使用時にタッチパッドを無効に

Windows10 で、マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法を紹介します。

ノートパソコンにはマウスがなくてもWindowsを操作できる「タッチパッド」が備わっています。

便利なタッチパッドですが、マウスを接続してしまえば不要になります。

特にタイピング時に意図していないのにクリックされたり……といった誤作動もあるでしょう。

ということで、マウス使用時にタッチパッドを無効にする方法をみていきます。

Windows10 - マウス使用時にタッチパッドを無効に

それでは実際に設定してみましょう。


スタートボタンをクリックし


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックしましょう。


Windows の設定です。「デバイス」をクリックしましょう。

スポンサーリンク


デバイスの設定です。左メニューの「タッチパッド」をクリックします。


タッチパッドの設定です。

  • マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない

チェックを入れると、常にタッチパッドは有効です。


チェックをはずすと、マウス接続時にタッチパッドを無効になります。

ハードウェア関連の人気記事

  1. Windows10 - 回復パーティションの削除(DiskPart)
  2. Windows10 - 高速スタートアップを有効/無効に
  3. Windows10 - ストレージ(ディスク)容量と用途を確認
  4. Windows10 - マウスの設定 - 主ボタン・スクロール速度・ポインター
  5. Windows10 - ディスクのクリーンアップ - 不要ファイルの削除
  6. Windows10 - ドライブのデフラグ(ディスクの最適化)
  7. Windows10 - マウス使用時にタッチパッドを無効に
  8. Windows10 - BitLocker を無効に - ディスクの暗号化を解除
  9. Windows10 - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーを接続する方法
  10. Windows10 - 一時ファイルを削除する方法
  11. Windows10 - MBRディスク ⇔ GPTディスクに変換(変更)
  12. Windows10 - キーボードで絵文字・顔文字を入力する
  13. Windows10 - 追加したハードディスクの初期化(フォーマット)
  14. Windows10 - Bluetooth の設定(オン/オフ)
  15. Windows10 - ディスプレイの明るさ - 自動輝度調整のオン/オフ

関連記事(一部広告含む)