今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - アプリ「Sticky Notes(付箋)」を使ってみた

Windows10 - ディスプレイの明るさ - 自動輝度調整のオン/オフ

スポンサーリンク

Windows10 ディスプレイの明るさを自動調節する設定を紹介します。

Windows には、ディスプレイの明るさを自動で調節する「自動輝度調整」というものがあります。

デフォルトでは有効(オン)になっているので、ここではこの設定を無効(オフ)にする方法をみていきます。

ノートパソコンの場合、「バッテリー駆動」「電源に接続」時に異なる設定をすることもできます。

Windows10 - 自動輝度調整のオン/オフ

それでは実際に設定してみましょう。


タスクバーのフォームに

cont」と入力し


「コントロールパネル」を起動します。


コントロールパネルです。

「ハードウェアとサウンド」をクリックしましょう。


「電源プランの選択」をクリックします。


電源プランの選択またはカスタマイズです。

スポンサーリンク

「プラン設定の変更」をクリックします。


「詳細な電源設定の変更」をクリックします。


すると、このように「電源オプション」ウィンドウが表示されるので


「現在利用できない設定の変更」をクリックしましょう。


ディスプレイ→「自動輝度調整を有効にする」をオフにし


「OK」をクリックします。

これで設定完了です。

関連記事(一部広告含む)