Windows10 - NTPサーバーの同期間隔を設定(変更)

Windows10 のNTPサーバーの同期間隔を設定(変更)する方法を紹介します。

Windows10 システムは、NTPサーバー(インターネット時刻サーバー)と一定の間隔で時間を同期しています。

これにより常に正確な時間を表示するようになっていますが……それでも時間のズレが気になる場合はサーバーとの同期間隔を短くすることで対応しましょう。

同期間隔の変更にはレジストリキーの変更が必要です。誤ってシステムに関わるレジストリキーを変更するとWindowsの挙動がおかしくなる場合があります。レジストリの操作に慣れていない方は、「システムの復元ポイントを作成」し、以前の状態へ戻せるようにしておきましょう。

Windows10 - NTPサーバーの同期間隔を設定(変更)

それでは実際に設定してみましょう。


タスクバーのフォームに

「regedit」と入力し


「レジストリエディター」を起動しましょう。


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックしましょう。


レジストリエディターです。

次のレジストリーにアクセスし

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient


「SpecialPollInterval」を開きましょう。


SpecialPollInterval です。

「16進数」ではよくわからないので、「10進数」をクリックしましょう。


「値のデータ」の数値が同期間隔です。単位は「秒」です。

設定したい同期間隔を入力し

ここでは 21600秒 = 6時間×60分×60秒 = 6時間


「OK」をクリックします。


これで「同期間隔の変更」は完了です。レジストリーエディターを終了しましょう。

適切に設定できているかどうかを確認してみましょう。

同期間隔の確認

同期間隔が適切に設定されているかを確認するために、「日付と時刻 今すぐ更新」します。


更新し、次回の同期日時が設定した同期間隔になっていれば、OKです。

ここでは同期間隔を「6時間」に設定したので、適切に設定できています。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  5. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  8. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  9. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  10. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  11. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド

関連記事(一部広告含む)