Windows10の手動アップデート(2004から20H2へ)

Microsoft は、2020年10月20日に Windows10 October 2020 Update (20H2) の配信を再開しました。

ということで!

早速、「October 2020 Update」へ手動アップデートしてみたので、ここではその方法をみていきます。

ちなみに「October 2020 Update」は、バージョン「20H2(2009)」です。

Windows10 October 2020 Update(20H2)へ手動アップデート

それでは実際にアップデートしてみましょう。


Microsoft Edge を起動し


「Windows 10 のダウンロード」ページです。「今すぐアップデート」をクリックしましょう。

アップデートをクリックすると「Windows更新アシスタント」のダウンロードがはじまります。


ダウンロードした「Windows更新アシスタント」を起動しましょう。


ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。


「Windows 10 更新アシスタント」です。

現在のPCのバージョン(ここでは「2004」)から最新バージョン「2009」へアップデートされます。


問題なければ、「今すぐ更新」をクリックしましょう。


すると、このように互換性のチェックを行ってくれます。


互換性が問題なければ、「次へ」をクリックします。


すると、「Windows 10 更新プログラムのダウンロード」がはじまります。


更新プログラムの準備が完了しました。更新を完了するためには PC を再起動する必要があります。


「今すぐ再起動」をクリックしましょう。

サインアウトしようとしています
更新を完了するために、Windows 10 更新アシスタントによりデバイスが再起動されます。

「閉じる」をクリックしましょう。


すると、PC が再起動し


更新プログラムの構成がはじまります。

更新中、PC は数回再起動します。

しばらくすると……


サインイン画面が表示されるので、サインインしましょう。


サインインすると、ユーザーの設定がはじまります。

これには数分かかることがあります。


サインインすると、「ヒント」が表示されます。

「新しい機能」を確認しておきましょう。


「終了」をクリックします。これでアップデートは完了です。

関連記事(一部広告含む)