MENU

Windows 10 – プロキシサーバーを使用する方法

Windows10で、プロキシサーバーを使用する方法を紹介します。

プロキシサーバーは、インターネットへ直接接続できないパソコンの変わりにインターネットへアクセスするサーバーのことです。パソコンはプロキシを経由することで、インターネットへアクセスすることができます。プロキシは [アクセス記録] [アクセス制限] [通信容量の削減] などの目的で企業・学校などで導入されています。

ここではWindows 10でプロキシサーバーを使用する方法をみていきます。

プロキシサーバーを使用する方法は?

プロキシサーバーを使用する方法は次の手順です。

スタートメニューから「設定」を起動する

① [スタートボタン] をクリックし、スタートメニューを表示します。
② [歯車(設定)] アイコンをクリックします。

「ネットワークとインターネット」を選択する

設定の [ネットワークとインターネット] を選択します。

「プロキシ」を選択する

左メニューの「プロキシ」を選択します。

設定を自動的に検出するを「オン」にする

自動プロキシをセットアップする場合は

プロキシの [設定を自動的に検出する] を [オン] にしましょう。

※ WPAD(Web Proxy Auto-Discovery Protcol)というプロキシ設定を自動化する通信プロトコルを使って、自動的にプロキシを検出・設定してくれます。

セットアップ・スクリプトを使う場合

プロキシにセットアップ スクリプトを使用する場合は

  • [セットアップスクリプトを使う] を [オン] にし
  • [スクリプトのアドレス] を入力し
  • [保存] をクリックしましょう。

※ スクリプトのアドレスは環境やサービスによって異なるので、仕様書・ネットワーク管理者に確認しましょう。

手動でプロキシをセットアップする場合

手動でプロキシをセットアップする場合は

  • [プロキシサーバーを使う] を [オン] にし
  • [プロキシIPアドレス] [ポート] を入力し
  • プロキシサーバーを使わないアドレスを入力します。エントリを区切るには [セミコロン] を使います。
  • [ローカルのアドレスにはプロキシサーバーは使わない] にチェックを入れる/はずします。
  • [保存] をクリックしましょう。

※ プロキシIPアドレス、ポート番号などは環境やサービスによって異なるので、仕様書・ネットワーク管理者に確認しましょう。

これで Windows 10 プロキシサーバーを使用する方法の解説は終了です。Windows 10 の設定と使い方をまとめていますので、ご参考にどうぞ。

Windows 10の人気記事