MENU

Windows8のスコア(性能)を測定 – Windows エクスペリエンス インデックス

Windows8のスコア(性能)を「Windows エクスペリエンス インデックス」を使って、測定する方法を紹介します。

目次

スコア(性能)を測定

windows-experience-index-00
Windows8へサインインし、「Windowsキー」を押しながら「Xキー」を押すとメニューが表示されるので、「コントロールパネル」をクリックします。

windows-experience-index-01
「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows-experience-index-02
「システム」の「RAMの量とプロセッサの速度の表示」をクリックします。

windows-experience-index-03
システムの評価のところにある「Windows エクスペリエンス インデックス」をクリックします。

windows-experience-index-04
使っているコンピューターの1.0 から 9.9 のスコアで評価された値(項目については以下の表を参照してください)が確認できます。でっかく表示されている基本スコア(ここでは、2.0)が一番低いサブスコアで、システムのボトルネックになる値です。使っているコンピューターが遅いと感じたら、基本スコア周りを疑いましょう。

コンポーネント評価とは
プロセッサ1秒あたりの計算
メモリ(RAM)デスクトップ グラフィックス パーフォーマンス
グラフィックスデスクトップ グラフィックス パフォーマンス
ゲーム用グラフィックスビジネスおよびゲーム グラフィックス パフォーマンス
プライマリ ハードディスクディスクのデータ転送速度

windows-experience-index-05
「オレのコンピューターはもっとスコアが高いはずだ!」という方は、「評価を再実行」することもできます。

windows-experience-index-06
「Windows エクスペリエンス インデックス」による評価は、10分程度かかります。

windows-experience-index-07
再評価結果が表示されます。管理人の場合、何度やっても、あまり変わりませんでした……。

以上、「Windows8のスコア(性能)を測定 – Windows エクスペリエンス インデックス」でした。

関連記事

目次
閉じる