今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Windows10 - カレンダーにアクセスできるアプリの選択(設定)

スポンサーリンク

Windows10 で、カレンダーにアクセスできるアプリの選択(設定)する方法を紹介します。

アプリの中にはカレンダーにアクセスし、そのデータを利用するものがあります。Windows10では、アクセスの可否を設定できるので、ここではその方法をみていきます。

カレンダーにアクセスできるアプリの選択

それでは実際に設定してみましょう。

スポンサーリンク

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-01
スタートメニューの「設定」をクリックしましょう。

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-02
設定画面です。「プライバシー」をクリックします。

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-03
左メニューの「カレンダー」をクリックします。

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-04
カレンダーへのアクセスを許可/不許可にすることができます。

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-05
「オフ」にするとすべてのアプリのカレンダーへのアクセスを不許可にすることができます。

個別アプリのカレンダーへのアクセス

次は個別アプリのカレンダーへのアクセス設定をみていきます。

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-06
アプリのカレンダーアクセスを「オン」にし

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-07
カレンダーにアクセスできるようにするアプリを選択します。

意図した機能を果たすためにカレンダーにアクセスすることが必要なアプリもあります。ここではアプリをオフにすると、アプリの動作が制限される可能性があります。

windows-10-enable-disable-use-calendar-app-08
このようにカレンダーにアクセスするようにする場合は「オン」に、アクセスさせたくない場合は「オフ」に設定しましょう。

スポンサーリンク