MENU

Windows 11 - 設定アプリを修復・リセットする方法

Windows 11 の設定アプリを修復・リセットする方法を紹介します。

設定アプリでは、コントロールパネルの代わりにシステム・ネットワーク・アプリなどを設定することができる新しいインターフェースです。今のところコントロールパネルと共存していますが、Windows 10 以降から少しずつ設定アプリがメインになりつつあります。

ここでは設定アプリが正しく動作しなくなった場合に修復・リセットする方法をみていきます。

設定アプリを修復・リセットする方法は?

Windows 11 の設定アプリを修復・リセットする方法は次の手順です。

  1. [設定] → [アプリの設定] を開く

    1. スタートメニューの [設定] を右クリックし
    2. [アプリの設定] をクリックしましょう。
  2. 設定アプリを [修復] する


    設定アプリが正しく機能していない場合は [修復] をクリックしましょう。

    修復してもアプリのデータには影響しません。

  3. 設定アプリを [リセット] する


    修復しても正しく機能しない場合は [リセット] をクリックしましょう。

    リセットするとアプリのデータが削除されます。

これで Windows 11 設定アプリを修復・リセットする方法の解説は終了です。

Windowsターミナルでリセットする場合

  1. [スタートボタン] を右クリックし、[ターミナル(管理者)] をクリックします。

  2. 次のコマンドを入力し、設定アプリをリセットしましょう。

    Get-AppxPackage *Windows.ImmersiveControlPanel* | Reset-AppxPackage

これで Windowsターミナルでリセットする方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事