Windows10 - ライセンス認証 - ライセンス認証されていません

Last Update:

windows10-license-verification-01
Windows10 の「設定」ウィンドウなどの次のようなメッセージが表示される場合があります。

Windows ライセンス認証されていません。
今すぐ Windows をライセンス認証してください。

これは Windows10 を再インストールしたり、ハードウェアを変更したりすると表示されるメッセージです。

ここでは、このメッセージが表示された場合の対処方法(ライセンス認証方法)を紹介します。

ライセンス認証

windows10-license-verification-02
画面左下の「Windows」アイコンをクリックし、メニューの中から「設定」をクリックします。

windows10-license-verification-03
クリックすると「設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「更新とセキュリティ」をクリックします。

windows10-license-verification-04
左メニューの「ライセンス認証」をクリックします。

windows10-license-verification-05
「Windows のライセンス認証」のところをみてみると……次のように表示されています。

このプロダクトキーは他の PC で使われています。別のキーを試してください。

windows10-license-verification-06
Windowsを再インストールしたり、ハードウェアを最近変更した場合は「サポートに電話」をクリックします。

windows10-license-verification-07
国または地域を選択し、「次へ」をクリックします。

windows10-license-verification-08
無料電話番号(あるいは有料電話番号)が記載されているので、電話しましょう。

自動応答システムにしたがって、インストールID(IID)を入力し、「確認IDを入力」をクリックします。

6桁の数字を9回入力する必要があります……。

windows10-license-verification-09
自動電話システム、あるいは担当者から「確認ID」を教えてもらい、それを入力しましょう。

入力後、「Windowsのライセンス認証」をクリックします。

windows10-license-verification-10
手続きが完了しました。「閉じる」をクリックします。

windows10-license-verification-11
「ライセンス認証」画面では、「Windowsはライセンス認証されています」と適切に表示されるようになります。

これでライセンス認証の完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  5. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  8. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  9. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  10. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  11. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド

関連記事(一部広告含む)