今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

iPhone/iPad - 位置情報サービスのオン/オフとアプリ許可

スポンサーリンク

iPhone/iPad の位置情報サービスのオン/オフとアプリ許可する方法を紹介します。

位置情報サービスとは

GPSやWi-Fiスポット情報を使って、iPhone/iPadの位置情報を教えてくれるサービスのことです。

位置情報サービスはその機能を「オン(有効)」「オフ(無効)」にすることができるので、ここではその方法をみていきます。

また、位置情報サービスを許可するアプリを設定することもできるので、合わせてみていきます。

位置情報サービスのオン/オフとアプリ許可

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

スポンサーリンク
iphone-ipad-turn-location-services-on-off-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-02

設定です。

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-03

「プライバシー」をタップします。

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-04

プライバシーの設定です。

「位置情報サービス」をタップします。

位置情報サービスをオン/オフ

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-05

デフォルトでは位置情報サービスが「オン(緑色)」になっていると思います(初期設定時に操作にもよりますが)。

位置情報サービス
位置情報サービスでは、GPS、Bluetooth、クラウドソースのWi-Fiスポットや携帯電話基地局を使って、ユーザーのおおよその位置情報が判断されます。 

位置情報サービスが不要な場合はここで「オフ(白色)」にしましょう。

位置情報の共有

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-06

「自分の位置情報を共有」では他のiOS端末と位置情報を共有するかどうかを設定することができます。

位置情報のアプリ許可/不許可

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-07

画面を下へスクロールすると

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-08

位置情報サービスを使用している(あるいは使用できる)アプリが表示されます。

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-09

例えば、アプリ「マップ」をタップすると

iphone-ipad-turn-location-services-on-off-10

次のように位置情報サービスを許可したり、不許可にしたり設定することができます。

  • 許可しない
  • このAppの使用中のみ許可
スポンサーリンク