今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

iPhone/iPad - (手動で)iCloudバックアップを今すぐ作成

スポンサーリンク

iPhone/iPad のバックアップをiCloud上に(手動で)今すぐ作成する方法を紹介します。

iOSデバイスには、iCloudバックアップ設定をオンにすることで自動的にバックアップする機能があります。

また、バックアップは手動で今すぐに! 作成することもできるので、ここではその方法を紹介します。iOSのアップデートなどの前には手動で今すぐバックアップを作成しておくといいでしょう。

iCloudバックアップを今すぐ作成

それでは実際にiCloudバックアップを今すぐ作成する方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使ってバックアップしますが、iPadでも同じようにバックアップすることができます。

スポンサーリンク

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

上にある「Apple ID」をタップします。

「iCloud」をタップします。

iCloud の設定です。

画面を下へスクロールし

「iCloudバックアップ」をタップします。

まずは、iCloudバックアップがオン(緑色)になっていることを確認しましょう。

今すぐバックアップを作成

バックアップを作成するにはWi-Fiネットワークに接続する必要があります。

「今すぐバックアップを作成」をタップします。

すると、バックアップの作成がはじまりバックアップ終了までの「残り時間の計算」がはじまります。

しばらくすると、バックアップまでの残り時間が表示されます。この例では「残り3分」です。

バックアップが終了すると「前回のバックアップ: 時刻」が表示されます。

これでバックアップ完了です。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)