今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Microsoftアカウントのユーザーフォルダ名を変更

iPhone/iPad - iCloudバックアップの作成と設定(オン/オフ)

スポンサーリンク

iPhone/iPadのiCloudバックアップの設定方法を紹介します。

iPhone や iPad といった iOSデバイスのバックアップは Apple が提供するクラウドサービスであるiCloud上に保存することができます。

iCloudバックアップを「オン」にするだけで iPhone/iPad が電源とWi-Fiネットワークに接続され、ロックされた場合に「iOSデバイスの設定」「データ」「フォトライブラリ」「アカウント」「書類」……などを自動的にバックアップしてくれます。

このように便利な機能なので、特に理由がない場合は必ず! iCloudバックアップの設定を「オン」にしておきましょう。

デフォルトの設定でiCloudeバックアップは「オン」に設定されていますが、念の為に設定を確認しておきましょう。

iCloudバックアップの設定(オン/オフ)

それでは設定方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使って設定しますが、iPadでも同じように設定することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面上部の「Apple ID」をタップします。

Apple ID です。

「iCloud」をタップします。

iCloud の設定です。

画面を下へスクロールし

「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudバックアップをオン

iCloudバックアップをタップしましょう。

すると、次のようなポップアップが表示されるので

iTunesと同期するときに、iPhoneのバックアップが自動的にコンピュータに作成されなくなります。

とのことです。問題なければ、「OK」をタップしましょう。

スポンサーリンク

すると、次のようなポップアップが表示され

バックアップ機能をオンにしています……

しばらくすると……iCloudバックアップが「オン(緑色)」になります。

これで、さまざまなデータが自動的にバックアップされるようになります。

iOSデバイスが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときに、カメラロール、アカウント、書類、および設定が自動的にバックアップされます。

今すぐバックアップを作成

「今すぐバックアップを作成」をタップすると

このようにバックアップがはじまります。

しばらくすると……バックアップが完了します(バックアップ日時が更新されます)。

iCloudバックアップをオフ

「iCloudバックアップ」をタップすると

「iCloudバックアップを停止」というポップアップが表示されるので

iCloudバックアップを「オフ」にすると
iTunesと同期するときに、iPhoneのバックアップが自動的にコンピュータに作成されます。

「OK」をタップします。

すると、このようにiCloudバックアップが「オフ(白色)」になります。

関連記事(一部広告含む)