今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 の使い方と設定

iTunes - iPhone/iPad のバックアップをパスワードで暗号化する方法

スポンサーリンク

iTunes のバックアップをパスワードで暗号化する方法する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)のバックアップは、パスワードで暗号化することができるので、ここではその方法をみていきます。

iPhone/iPad のバックアップをパスワードで暗号化

それでは実際にバックアップを暗号化してみましょう。

まずは USBケーブルでパソコンとiPhone/iPadを接続しましょう。

ここでは iPhone をバックアップしてみます。iPad も同じ操作でバックアップすることができます。


次に iTunes を起動します。


iTunes の上部に「iPhone」アイコンがあるので、それをクリックします。


iPhone です。

バックアップという項目にある

  • このコンピュータ
    iPhoneの完全なバックアップはこのコンピュータに保存されます。

をクリックします。

  • iPhone のバックアップを暗号化
    これにより、アカウントパスワード、ヘルスケアデータ、および HomeKitデータのバックアップを作成できるようになります。

をクリックしましょう


すると、「パスワードの設定」というポップアップが表示されるので

スポンサーリンク

「パスワード」を入力し、「パスワードを設定」をクリックしましょう。


すると、バックアップがはじまります。

使用状況、iPhone の容量にもよりますが、10分程度の時間がかかると思います。


バックアップが終了すると

  • iPhoneのバックアップを暗号化

にチェックが入ることがわかります。


「パスワードを変更」することもできます。


「完了」をクリックし


設定を「適用」しましょう。

これでバックアップ暗号化の完了です。

関連記事(一部広告含む)