Windows10 - リモートデスクトップを有効(オン)に(Windowsの設定)

Windows10 で、リモートデスクトップを有効(オン)にする方法を紹介します。

Windows10 から「Windows の設定」で、リモートデスクトップを設定できるようになったので、ここではその方法を紹介します。

リモートデスクトップのホストとして設定できるのは、次のエディションです。

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Education

リモートデスクトップを有効(オン)に

それでは実際に有効(オン)にしてみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「システム」をクリックします。


左メニューの下の方にある


「リモートデスクトップ」をクリックします。


リモートデスクトップの設定です。

リモートデスクトップを使用すると、リモートデスクトップクライアントアプリ(Windows、Android、iOS、macOS で利用可能)を使用してリモートデスクトップからこの PC に接続して制御できます。この PC で直接作業しているかのように、別のデバイスで作業できます。


「リモートデスクトップを有効にする」をクリックしましょう。


すると、次のポップアップが表示されるので

リモートデスクトップを有効にしますか?
自分と「ユーザーアカウント」で選択したユーザーが、この PC にリモート接続できるようになります。

「確認」をクリックしましょう。


これでリモートデスクトップが有効(オン)になりました。

スポンサーリンク

設定


必要であれば、設定を確認しておきましょう。

  • PC が電源に接続されている場合...
  • PC をプライベートネットワークで検出可能にし...
  • 詳細設定

設定がよくわからない場合はそのままで、OKです。


このPC名を使用してリモートデスクトップに接続します。

※ IPアドレスで接続することもできます。

ユーザーアカウント


画面を下へスクロールし


ユーザーアカウントの設定をみておきましょう。

「この PC にリモートでアクセスできるユーザーを選択」をクリックします。


Administrators(管理者)グループのメンバーはこのPCに接続できます。

必要であれば、ユーザーを「追加」しておきましょう。

リモートデスクトップを無効(オフ)に

リモートデスクトップを無効(オフ)にする場合は


「リモートデスクトップを有効にする」をクリックし


表示されるポップアップの「確認」をクリックしましょう。


これでリモートデスクトップは無効(オフ)になります。

ネットワーク関連の人気記事

  1. Windows10 - リモートデスクトップを有効に - コントロールパネル
  2. Windows10 - リモートデスクトップ接続(クライアント・アプリ)
  3. Windows10 - ネットワーク探索を有効(無効)に
  4. Windows10 - ネットワーク使用量(アプリ別通信量)
  5. Windows10 - Wi-Fi ネットワークを削除 - 無線LAN
  6. Windows10 - リモートデスクトップを有効(オン)に(Windowsの設定)
  7. Windows10 - 接続している Wi-Fi パスワードを表示(確認)
  8. Windows10 - ネットワーク情報を表示(ipconfig) - コマンドプロンプト
  9. Windows10 - ネットワークのプロファイルを変更 - プライベート/パブリック
  10. Windows10 - DNSサーバーのアドレスを変更 - ネットワーク
  11. Windows10 - 近距離共有でファイルを転送(共有)する
  12. Windows10 - ネットワーク関連の使い方まとめ
  13. Windows10 - ネットワークアダプターの情報を確認
  14. Windows10 - 有線LAN - IPアドレス確認 - ネットワーク情報確認
  15. Windows10 - Wi-Fi接続のネットワーク情報(IPアドレスなど)を表示

関連記事(一部広告含む)