今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート

Windows10 - スナップ機能のオン/オフ

スポンサーリンク

Windows10 のスナップ機能をオン/オフに設定する方法を紹介します。

スナップ機能とは


ウィンドウを画面の端っこにドラッグすることで


このようにウィンドウを自動的に整列してくれる機能のことです。


また、他のウィンドウを合わせて整列することもできます。

一見便利な「スナップ機能」ですが……意図せずに(ウィンドウを整列したくないのに)ウィンドウを端にドラッグしても自動的に整列されてしまします……。

こんな機能は不要だ!

という方のため? スナップ機能は、設定を無効(オフ)にすることもできるので、ここではスナップ機能を「オン/オフ」に設定する方法を紹介します。

スナップ機能のオン/オフ


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「システム」をクリックします。


左メニューの「マルチタスク」をクリックします。

スポンサーリンク


スナップ機能です。

無効(オフ)


一番上の次のスイッチをクリックすると

  • ウィンドウを画面の横または済にドラッグしたときに自動的に整列する


スナップ機能が「オフ」になります。

有効(オン)


オンにしたい場合も同じように一番上のスイッチをクリックしましょう。

これで「有効(オン)」になります。


スナップ機能を有効にすると次の機能も「オン/オフ」にすることができます。お好みに応じて設定しましょう。

  • ウィンドウをスナップするときに、利用可能な領域に合わせて自動的にサイズを変更する
  • ウィンドウをスナップしたときに横に配置できるものを表示する
  • スナップされたウィンドウのサイズを変更するとときに、隣接するスナップウィンドウも同時に変更する

関連記事(一部広告含む)