Macアプリ - カレンダーをメニューバーと通知センターに表示 - Calendarique

Macのメニューバーと通知センターにカレンダーを表示するアプリ「Calendarique」を紹介します。

Macアプリ「Calendarique」

まずはこちらからアプリをインストールしましょう。

Calendarique - Andrey Tsarkov

価格: ¥240(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
© Andrey Tsarkov. All rights reserved.


アプリ「Calendarique」を起動します。

すると、次の2つのポップアップが表示されるので

Calendarique からカレンダーにアクセスしようとしています。

Calendarique からリマインダーにアクセスしようとしています。

「OK」をクリックしましょう。


すると、「Welcome」というウィンドウが表示されるので、「Close」をクリックします。


メニューバーの「カレンダー」アイコンをクリックすると


このように月間カレンダーが表示されます。


カレンダーの右上には「<・>」というアイコンがあります。

アイコンをクリックすると、次のようになります。

  • 「<」前月へ移動
  • 「・」本日へ移動
  • 「>」翌月へ移動


予定のある日をクリックすると


このように予定が表示されます。


「Settings...」をクリックすると


このようなポップアップが表示されます。

「Calendars」では表示するカレンダーにチェックを入れましょう。


「Reminders」の設定もできます。


ログイン時にアプリ「Calendarique」を起動する場合は

  • Open Calendariquer at Login

をオンにしましょう。

通知センター

次は通知センターをみてみましょう。


まずは、デスクトップ画面右上をクリックし、通知センターを開きましょう。


通知センターです。

下の方にある「新規1項目」をクリックしましょう(あるいは「編集」)。


すると、このようにさまざまな項目(ウィジェット)が表示されるので

「CALENDARIQUE」の「+」をクリックしましょう。


すると、このようにカレンダーが表示されます。


「完了」をクリックします。


これで設定完了です。


予定がある日をクリックすると


このように予定が表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  6. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  9. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  10. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)