Macアプリ「Deeper」で、さまざまな隠し機能を使う

Last Update:

Macアプリ「Deeper」で、さまざまな隠し機能を使う方法を紹介します。

アプリ「Deeper」を使えば、ターミナルのコマンドを使わなければ設定できないような「隠し機能」を簡単に使うことができます。

Macアプリ「Deeper」

mac-app-deeper-01
「Download」をクリックしましょう。

すると、dmgファイルのダウンロードがはじまります。

mac-app-deeper-02
ダウンロードが終わったら、それを起動しましょう。

mac-app-deeper-03
アプリ「Deeper」を「アプリケーション」フォルダへドラック&ドロップしましょう。

mac-app-deeper-04
「アプリケーション」フォルダへ移動し

アプリ「Deeper」を選択・右クリックし、「開く」をクリックします。

mac-app-deeper-05
「Deeper を開いてもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「開く」をクリックします。

mac-app-deeper-06
「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

mac-app-deeper-07
ライセンスです。「Agree」をクリックしましょう。

mac-app-deeper-08
Deeper が起動しました。

さまざまなメニューが用意されており、設定は多岐にわたるので……ここではいくつかの隠し機能をみてみましょう。「Finder」をクリックします。

mac-app-deeper-09
Finder では、例えば次のような設定を行うことができます。

  • Show hidden files and folders(隠しファイル・フォルダを表示)
  • Show the item path in the windows title(Finderのタイトルにフルパスを表示)
  • Hide the desktop icons(デスクトップのアイコンを非表示)

mac-app-deeper-10
次は Dock をみてみましょう。

mac-app-deeper-11
Dock では、例えば次のような設定を行うことができます。

  • Minimize using(ウィンドウ最小化のエフェクト)
  • Position(Dockの位置)

これらはシステム環境設定でも設定することができますね。

このように「隠し機能」に加え、「システム環境設定」で行う設定を集約してくれているのでアプリ「Deeper」です。

なかなか便利なアプリなので、使ってみてください。知らなかった便利な隠し機能に出会えるかもしれませんね。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  7. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)