今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す

Mac - シンプルなメモリ解放・最適化アプリ「Memory Optimizer Pro」

スポンサーリンク

Macのメモリ解放・最適化を行うアプリ「Memory Optimizer Pro」を紹介します。

Memory Optimizer Pro は、シンプルで使いやすいアプリです。また、メモリ使用量にしきい値を設定し、自動で最適化してくれる機能があります。

Macアプリ「Memory Optimizer Pro」

まずは、こちらからMacアプリ「Memory Optimizer Pro」をインストールしましょう。

Memory Optimizer Pro - PCVARK Software

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© PCVARK Software Private Limited


インストールしたアプリ「Memory Optimizer Pro」を起動しましょう。


すると、上部メニューに「Memory Optimizer Pro」のアイコンが表示されるので、それをクリックしましょう。


このようにメモリに関するグラフと項目が表示されます。

  • Available Memory(使用可能なフリーなメモリ容量)
  • App Memory(アプリが使用しているメモリ容量)
  • Wired(システムが使用しているメモリ容量)
  • Compressed(圧縮されたメモリ容量)
  • Used(使用されているメモリ容量の合計)
  • File Cache(ファイル・キャッシュ)
  • Total Memory(総メモリ容量)


メモリ使用量の多いアプリが表示されます。

スポンサーリンク


「Optimize」をクリックすると


メモリの最適化が実行されます。


左上の「歯車」アイコンをクリックすると


メニューが表示されます。

「Preferences」をクリックすると、設定が表示されます。


General(一般))設定です。

ログイン時にアプリを起動、ドックにアプリを表示などの設定を行います。


Menu Bar(メニューバー)の表示項目を設定します。


Advanced では、メモリを自動で最適化するかどうか? そのためのしきい値を設定することができます。

関連記事(一部広告含む)