Mac - シンプルなメモリ解放・最適化アプリ「Memory Optimizer Pro」

Macのメモリ解放・最適化を行うアプリ「Memory Optimizer Pro」を紹介します。

Memory Optimizer Pro は、シンプルで使いやすいアプリです。また、メモリ使用量にしきい値を設定し、自動で最適化してくれる機能があります。

Macアプリ「Memory Optimizer Pro」

まずは、こちらからMacアプリ「Memory Optimizer Pro」をインストールしましょう。

Memory Optimizer Pro - PCVARK Software

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© PCVARK Software Private Limited


インストールしたアプリ「Memory Optimizer Pro」を起動しましょう。


すると、上部メニューに「Memory Optimizer Pro」のアイコンが表示されるので、それをクリックしましょう。


このようにメモリに関するグラフと項目が表示されます。

  • Available Memory(使用可能なフリーなメモリ容量)
  • App Memory(アプリが使用しているメモリ容量)
  • Wired(システムが使用しているメモリ容量)
  • Compressed(圧縮されたメモリ容量)
  • Used(使用されているメモリ容量の合計)
  • File Cache(ファイル・キャッシュ)
  • Total Memory(総メモリ容量)


メモリ使用量の多いアプリが表示されます。


「Optimize」をクリックすると


メモリの最適化が実行されます。


左上の「歯車」アイコンをクリックすると


メニューが表示されます。

「Preferences」をクリックすると、設定が表示されます。


General(一般))設定です。

ログイン時にアプリを起動、ドックにアプリを表示などの設定を行います。


Menu Bar(メニューバー)の表示項目を設定します。


Advanced では、メモリを自動で最適化するかどうか? そのためのしきい値を設定することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  4. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  7. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  8. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  14. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)