今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラム

Macアプリ「QBlocker」 - 「Command + Q」を長押しに変更 - アプリ終了時に警告

スポンサーリンク

Macアプリ「QBlocker」を紹介します。

アプリ「QBlocker」を使えば、意図せずにうっかり! アプリを終了させるショートカットキー「Command + Q」を押してしまった場合に警告を表示してくれます。

アプリを終了させたい場合はショートカットキー「Command + Q」を長押しすれば、OKです。

Macアプリ「QBlocker」

まずは、こちらからMacアプリ「QBlocker」をインストールしましょう。

スポンサーリンク

mac-app-qblocker-01
「Dwonload QBlocker」をクリックします。

mac-app-qblocker-02
ダウンロードした dmgファイルを開き

mac-app-qblocker-03
アプリ「QBlocker」をフォルダ「Applications」にドロッグ&ドロップします。

それでは実際に使ってみましょう。

mac-app-qblocker-04
「アプリケーション」フォルダからアプリ「QBlocker」を起動します。

mac-app-qblocker-05
すると、「QBlocker はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「開く」をクリックします。

mac-app-qblocker-06
「Almost There...」というウィンドウが表示されます。

mac-app-qblocker-07
「Open System Preferences」をクリックします。

mac-app-qblocker-08
すると、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」が表示されるので

左下の「錠前(カギ)」をクリックしましょう。

mac-app-qblocker-09
「パスワード」を入力し、「ロックを解除」をクリックします。

mac-app-qblocker-10
「QBlocker」にチェックを入れ

mac-app-qblocker-11
「錠前(カギ)」をクリックしましょう。

mac-app-qblocker-12
これで設定完了です。

それでは使ってみましょう。

何かアプリを起動し、ショートカットキー「Command + Q」を押します。

mac-app-qblocker-13
すると、「Hold Command + Q To Quit」というポップアップが表示されます。

mac-app-qblocker-14
そのまま、ショートカットキー「Command + Q」を長押しするとアプリが終了します。

すぐにアプリが終了しないので、うっかり!「Command + Q」によるアプリ終了を防いでくれます。

mac-app-qblocker-15
メニューバーにはこんなアイコンが表示さます。

mac-app-qblocker-16
これです。これ。クリックしてみましょう。

mac-app-qblocker-17
「Open at Login」にチェックを入れておくと、次回もすぐにアプリが使えます。

mac-app-qblocker-18
「Preferences」をクリックすると

mac-app-qblocker-19
設定項目が表示されます。

mac-app-qblocker-20
QBlocerを適用する/しないアプリを設定できます。

mac-app-qblocker-21
「Setteings」をクリックすると

mac-app-qblocker-22
ショートカットキー「Command + Q」の長押し時間を設定することもできます。

スポンサーリンク

関連記事と広告