Macアプリ「Shred」 - ファイルやフォルダーを安全に削除

Mac のファイルやフォルダーを安全に削除するアプリ「Shred」を紹介します。

このアプリを使って削除したファイルは、特殊なアプリで復元できなくなります。そのため、安全・安心にファイルを削除することができます。他の人に見られたくない機密文書などの削除にいいかもしれませんね。

Macアプリ「Shred」

まずは、こちらからアプリ「Shred」をインストールしましょう。

Shred

価格: ¥480(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2014-2016 Jonathan Clark

mac-app-shred-01
インストールしたアプリ「Shred」を起動します。

mac-app-shred-02
Shred です。

Drag/drop files and folders to the list above.
(上の枠に削除するファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップしましょう。)
Click Shred to start shredding.
(「Shred」ボタンを押すと削除がはじまります。)

とのことなので

mac-app-shred-03
削除するファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップし

mac-app-shred-04
「Shred」ボタンをクリックしましょう。

スポンサーリンク

mac-app-shred-05
すると、「Are you sure you want shred the item(ファイルを削除してもよろしいですか?)」というポップアップが表示されるので、「Yes」をクリックしましょう。

mac-app-shred-06
これでファイル/フォルダーの削除ができました。

設定

次は設定をみていきます。

mac-app-shred-07
上部メニュー「Shred」から「Preferences」をクリックします。

mac-app-shred-08
「General(一般)」設定です。

アプリ「Shred」の一般的な設定です。必要なものにはチェックを入れましょう。

mac-app-shred-09
「Shredding(削除)」設定です。

ファイル/フォルダーの削除の設定です。より安全に消去する場合は数値を増やし、必要な項目にチェックを入れましょう。

mac-app-shred-10
「Auto start(自動起動)」設定です。

表示されている設定を行うことで、アプリを自動起動することができます。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  9. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)