Macアプリ「Simple Recorder」メニューバーから簡単に録音!

Last Update:

Mac のメニューバーからクリックのみで簡単に録音できるアプリ「Simple Recorder」を紹介します。

Macアプリ「Simple Recorder」

まずは、こちらからアプリ「Simple Recorder」をインストールしましょう。

Simple Recorder

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© Happy Tap

mac-app-simple-recorder-01
インストールしたアプリ「Simple Recorder」を起動しましょう。

mac-app-simple-recorder-02
起動すると、このようなポップアップが表示されます。

Simple Recorderが稼働中です。メニューバーの右側にそのアイコンがあります。それをクリックしてメニューを表示します。ドックにもアイコンがあります。それをクリックして録音、もう一度クリックして停止。

とのことです。

mac-app-simple-recorder-03
「OK」をクリックしましょう。

mac-app-simple-recorder-04
メニューバーにはこのように「Simple Recorder」のアイコンがあります。

mac-app-simple-recorder-05
これです。これ。

mac-app-simple-recorder-06
クリックすると、メニューが表示されるので

mac-app-simple-recorder-07
「録音」をクリックしましょう。

mac-app-simple-recorder-08
すると、このように録音がはじまり、録音時間が表示されます。

mac-app-simple-recorder-09
録音中にアイコンをクリックすると「一時停止」「停止」というメニューが表示されます。

「停止」をクリックしましょう。

mac-app-simple-recorder-10
すると、このように録音した音源を保存することができます。保存形式は「.m4a」です。

mac-app-simple-recorder-11
メニューから環境設定をみてみると

mac-app-simple-recorder-12
このようにさまざまな機能が用意されています……が、ほとんどが「PRO」を購入する必要があります。

mac-app-simple-recorder-13
「PRO」をクリックすると、「App 内課金を確認」というポップアップが表示されるので、「購入する」をクリックしましょう。

mac-app-simple-recorder-14
購入手続き完了です。「OK」をクリックしましょう。

mac-app-simple-recorder-15
「PRO」を購入すると、音源の保存場所や保存形式を設定することができます。

シンプルで使いやすいレコーダーです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  7. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  11. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)