Safari機能拡張 - ウィンドウを指定サイズに変更(リサイズ) - 「Resize Windows」

Safariのウィンドウを指定サイズにワンクリックで変更する機能拡張「Resize Windows」を紹介します。

この機能拡張を使えば、素早く簡単に Safari のウィンドウをリサイズすることができるので、おすすめの機能拡張です。変更するサイズはあらかじめ用意されたサイズに加えて、自分のお好みのサイズに設定するこもできるので、便利!

それでは使い方をみていきます。

Safari機能拡張「Resize Windows」

safari-extensions-resize-windows-01
「Install now」をクリックします。

safari-extensions-resize-windows-02
インストールが完了すると「Installed」と表示されます。

safari-extensions-resize-windows-03
また、Safari のツールバーにアイコンが表示されるので、クリックしてみましょう。

すると! ウィンドウのサイズがリサイズされます。

safari-extensions-resize-windows-04
アイコンを長押しすると、このようにさまざまなサイズが表示されるので、お好みのサイズにウィンドウを変更することができます。

設定

Windows Resize の設定項目をみてみましょう。

safari-extensions-resize-windows-05
上部メニュー「Safari」→「環境設定」をクリックします。

safari-extensions-resize-windows-06
「機能拡張」をクリックします。

safari-extensions-resize-windows-07
すると、このようにインストールしている機能拡張リストが表示されるので、「Resize Window」をクリックします。

safari-extensions-resize-windows-08
「Resize Window」の設定です。

アイコンをワンクリックした際に変更するウィンドウ・サイズを変更することができます。

  • Default Width(横幅)
  • Default height(縦幅)

「Use all available screen width/height」にチェックを入れると、チェックを入れた項目(横幅/縦幅)を可能な最大サイズにリサイズします。

safari-extensions-resize-windows-09
「Center window on screen」にチェックを入れると、ウィンドウのリサイズとともにウィンドウがセンタリングされます。

Safari関連の人気記事

  1. Windows用 Safari のダウンロードとインストール
  2. Safariメニューバーに開発メニューを表示する方法
  3. Mac - Safari - デフォルトフォントの変更 - CSSの設定
  4. Macアプリ「Safari」 - 検索エンジンの変更
  5. Safari - Chrome / Firefoxのブックマークをインポート
  6. Safari - Flash Player を有効にする方法
  7. Mac - Safari リンクを常にタブで開く
  8. Safari機能拡張 - ウィンドウを指定サイズに変更(リサイズ) - 「Resize Windows」
  9. Mac - Safari のアドレスバーに完全な URL を表示する方法
  10. Macアプリ「Safari」 - 履歴の(手動)消去と自動削除
  11. Safari - ファイルのダウンロード先を変更
  12. Safari - Flash Player のダウンロードとインストール
  13. Macアプリ「Safari」 - ブックマーク(お気に入り)の追加と削除
  14. Macアプリ「Safari」 - タブにWebサイトのアイコン(Favicon)を表示する
  15. Macアプリ「Safari」 - タブの設定(Command + クリック)

関連記事(一部広告含む)